1つのGmailアドレスを、2つのメールアドレスとして使う裏技

アカウントID@gmail.comのメールアドレスは、アカウントID@googlemail.comとしても使用可能のようです。
実際に試してみると、問題なく受信できます。

何か便利なことがあるかというと、1つのメールアドレスを2つのメールアドレスとして利用可能だということです。

WEBサービスの中には、退会処理をするとそのメールアドレスでは再登録できないとかいう場合があります。その時に、別のメールアドレスを取得するも面倒だとか、1元管理したいという場合に、「逃げ」の方法として利用できるかと思います。

【補足】
これとは別に、Gmailには、「.」「+.を使用した別名アドレスが使えますが、Webサービス側で蹴るような場合が多い気がします。


※参考
Gmailで使用可能な別名アドレス(エイリアス) - Gmailの使い方
Gmailの隠し機能について( hoge@googlemail.com に送られたメールは hoge@gmail.com に届く) | IDEA*IDEA
Gmailの隠しドメイン『googlemail.com』 | G Mania - グーグルの便利な使い方

日本では『Gmail』として知られるGoogle Incのメールサービスですが、国によっては『Google Mail』というサービス名で呼ばれたりします。
これはその国で『Gmail』という商標が使用できなかったためで、発行されるメールアドレスも日本では~@gmail.comですが、~@googlemail.comとなっていたりします。
このため~@gmail.comというアドレスでも、@マーク以下を~@googlemail.comに変更して使用することができます。
ただし『Gmail』という商標が使用できない国からの送信では『~@gmail.com』というアドレスからは送信できず、『~@googlemail.com』のみとなるようです。


Gmailが~@googlemail.comでも使える(Gmailの訴訟問題) - [Webサービス + Webサービス] ぺんたん info

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。