「MAGICOOL マイファン ポータブル」をUSB電源化してみた 【バッテリーファン】


「MAGICOOL マイファン ポータブル」のSEIYUバージョン見たいです。
去年の秋ごろと、今年の春先に投げ売りしてたので、各1個ずつ、SEIYUで購入しました。

アルカリ乾電池4個付きなんですね(^^; 電池式専用のバッテリーファンという名目で販売されています。
電池専用ということで、たぶん売れ残ってしまったんだと思います。デザインも風量も結構いいものだと思うんですけどね。

あと、風量が強・弱の切り替えもできます。もちろんスイッチで電源は切れます。

単1アルカリ乾電池4本で、弱:700時間、強:500時間使えると裏面の説明には書かれています。


本家?の「MAGICOOL マイファン ポータブル」の方は、5インチと10インチがあり、ACアダプターが付属しているようです。
SEIYUで購入したのは、以下の通りで5インチの方だと思います。
総発売元:大作商事(株)
名称:バッテリーファン
品番:DCMFPSBK5
ファンのサイズ(直径):約12㎝
「電池専用」 ※ACアダプターは使用できません

USB電源に改造


分解するときに気付いたのですが、実はACアダプター端子がついていて、そこを黒いテープでふさいいました。テープをはがすと、AC6Vの端子を接続できるようになってました。

ただ、6Vのこの端子にあうものが手元になかったので、はじめの計画通りUSB電源化しました。
6Vから5.2V?ぐらいになると思うのですが、それでも風量はほぼ変わらない感じです。

分解は裏側のネジを外すだけで、キレイに分解できます。



アウトドアとか車用にとかよさそうな気がします。

追記:
100円ショップに売っているUSB電池BOXでも動作しました。
MAGICOOLですが、AC端子の部分に書いてあるのは、6VDC/350mAと書いてます。この程度の電流は必要なようです。

参考:iPhone、iPod touchを100円ショップの電池BOXで充電する

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。