404ページへのアクセスを簡単に調べる方法

本記事では、BloggerとWordpressを対象としています。
しかし、以下の3条件が満たされる場合は、そのまま使えるかと思います。
・専用の404ページがある
・ブログパーツを貼り付けることが可能
・ブラウザーのアドレスバーのURLが入力URL(クリックしたURL)そのまま保持されている

404ページのアクセスを調べてよいことがあるの?

通常、管理の手が及ばない外部サイトからのリンクで発生する404エラーは無視して構いません。

そうは言っても、なかにはそのまま放置しておくにはもったいない404ページヘのリンクがあります。

それは多くのユーザーがクリックしたにもかかわらず、URLが間違っていたばかりに目指すべきページにたどりつけないリンクです。
404ページへの外部リンクを修正して直接のトラフィックとPageRankを救出する方法 | 海外SEO情報ブログ


1つの間違ったURLを貼られていて、そのアクセスが大量にある場合です。PVがもったいないという話です。多くの人は404になった時点であきらめるんですね。

またサイトを引越ししたとか、URLを変更した場合にも有効かと思います。

Bloggerの場合

設定->検索設定->カスタム 404 ページ
のところで「編集」をすると、404ページの編集ができます。

ここに、アクセスログを記録するブログパーツを貼り付けるだけです。
参考:Bloggerの「404 ページ」をカスタマイズする方法

今回は、ネットオウルさんが提供している無料のアクセス解析を利用しました。
https://secure.netowl.jp/analyzer/


ページ・リンク 解析の「ページ別」をみれば、どのURLを入力して404エラーになったかが判明します。

この一部をリダイレクトしたいとかの場合は、Bloggerの設定->検索設定->カスタムリダイレクトのところで設定すればリダイレクト(転送)が可能です。

※アクセス解析は、ほかのものを使用してもできます。404ページにだけアクセス解析をいれて、そのログを見るというのがミソです。

WordPressの場合

1.404 Notifier プラグインを導入する方法
404 Notifier
http://wordpress.org/plugins/404-notifier/

電子メールに通知と、RSSでの通知があります。RSSの通知がよいかと思います。RSSで購読する場合は、「RSS Feed of 404 Events」というリンクがあるので、このURLをRSSリーダーに登録すればOKです。

2.404ページにアクセスログを組み込む方法
Wordpressのテンプレート内に「404.php」というものがあるかと思います。Twenty Twelveを使用している場合は、初めからあります。

この部分に、Blogerと同じようにアクセス解析のブログパーツを導入すればOKです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。