DNSレコード設定後の確認の仕方 【反映されない?!】

レンタルサーバーを借りて、DNSレコードの設定をして、なかなか反映されないんだけど、このまま待ってればいいのかな?という不安を解消するための記事です。あと、ドメインを移管した後とかも似たような感じでしょう。

多くの場合は、大丈夫なんですが、そうでないときもあるので、事前にチェックできることはチェックしましょう。

nslookup/dig コマンドでの確認


nslookup(dig)テスト【DNSサーバ接続・応答確認】

Windows系は面倒なので、上記のWebサービスを使って確認するとよいでしょう。
example.com のような感じで入力して、問い合わせれば、NSが判明します。
blog.examole.comのような感じで入力して、問い合わせれば、DNSレコードがわかるかと思います。

オプションは、「ANY」で特に問題ないと思います。

・NSがちゃんと想定しているものか?
・DNSレコードの値が取得できているか?

の確認をするだけでも、トラブルを事前に避けることが可能だと思います。
設定が正しければ、趣味でレンタルサーバーを借りて運用している場合は、待つ以外にできることがないようです。

2日程度しても反映されないとか、上記の確認をしてうまく設定されていないようだとかの場合は、あれこれ悩むよりも、サポートに問い合わせたほうがよいでしょう。

TCP Monitor Plusを使う方法

■ダウンロード先
TCP Monitor Plus -Vector
Windowsにもnslookupコマンドがあるのですが、コマンドラインで操作するのは面倒だ(苦手だ)という人向けに、おすすめのフリーソフトです。nslookup以外にも、タブを切り替えれて、いろいろなコマンドを実行できます。

■設定

「リゾルバ・キャッシュの使用を回避する」にチェックしてください。


おまけ

「DNSの浸透待ち」は回避できる――ウェブ担当者のためのDNS基礎知識 -INTERNET Watch
Geekなぺーじ:なぜ「DNSの浸透」は問題視されるのか
【Internet Week 2011】 DNSの「浸透問題」は都市伝説――正しいサーバー引っ越し法を解説 -INTERNET Watch
jprs.jp/related-info/guide/019.pdf
浸透いうな!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。