HPの互換インクはダメで、純正インクならOKだった話 【HP 140】

3タイプあるみたい

1.メーカ純正インク
2.メーカー純正インクをリサイクルしたインク
3.互換インク

HP 140 一覧 - 楽天市場
HP 140 一覧 - Amazon

商品を検索すればすぐにわかりますが、上記の3タイプがあるようです。
HPのインクはICチップによるチェックがあるようで、

個人的には、使用済みのインクカートリッジを安価にほしかったんだけど、ヤフオク!とかみてもそんなのありませんでした(^^;

互換インクを購入したけど、ダメだった事例


純正インクを詰め替えで使用していて、「カートリッジに互換性がありません」とメッセージが出て使えなくなったので、互換インクを購入して差し替えれば使えるかな?ということで試してみました。

同じ店で同じものを2つ購入したのですが、2つともダメでした。
使えない場合は、返品・交換対応するという記述があるところだったので、返品しました。

電話対応していたので、電話で返品をお願いしました。使用機種名(C4490)を聞かれ、2個ともダメなので返品したい旨言いました。いろいろ、面倒な感じだったけど、10日ぐらいの手間暇で返品できました。

互換インクは、たぶん使えないケースが結構多いのではないかな?と勝手に思ってます。あと、すでに「カートリッジに互換性がありません」と出ている場合は、純正インクを買わないとリセットされないのではないか?という私自身の推測があります。

2011年1月 PhotosmartC4490をオークションで入手
2012年8月 「カートリッジに互換性がありません」となるが、端子をふき取ると治る
2013年6月 「カートリッジに互換性がありません」となるが、本体をリセットすると治る
2013年7月 「カートリッジに互換性がありません」から、治らない
2013年8月 互換インクを試すが、治らない
2013年8月 純正インクを装着すると、治った

時系列で考えてみると、「メーカー純正インクをリサイクルしたインク」ももしかすると使えない場合があるのでは?と思います。

というのは、メーカー側の対策で一番有効な方法は、一見使えるように見せかけて、すぐに使えないようにしてしまうというのが、プロテクトとしては有効だからと思うからです。

参考:
HPプリンターで「カートリッジに互換性がありません」を解消する方法
HP Photosmart C4200/C4300/C4400 シリーズ系のリセットの仕方

結局、純正インクでOKだった

「カートリッジに互換性がありません」と出ている状態で、新品の純正インクを付ければどうなるかを試してみないと、記事にしにくいために、純正インクを購入して試してみました。

問題なく、「カートリッジに互換性がありません」というのが消えて、使えるようになりました。

逆に、「カートリッジに互換性がありません」というのが出ていて、新品の純正インクを装着してもメッセージが消えずに、使えない、プリンター自体が壊れているというのがあり得るのかどうかがわからないというのは、わからないんですけどね。


互換インク、リサイクルインクの購入時の注意

1. 対応機種名が書いているところを選びましょう
 書いてなくても返品できるところはよいですが、明確に書いてるほうが返品しやすそうな気がします。

2. 使えない場合は、返品・返金をきちんとしてくれそうなところを選びましょう
 その場合は、規約?をよく読んでおきましょう。基本、交換だと思います。1回は交換しないと、たぶん返金しない感じがします。

3. 1年とかそういう保証があるほうがよいかも
 開封して使ってみたけど、その時は使えたけど、数か月後に使おうと思ったらエラーになって使えないケースとかがあるみたいだから。
 また、未開封でおいておく場合とかも・・・。 ただ、本当に対応してくれるのかどうかが不明なんですね。

 インク残量が80%ない場合は、ダメですとか書いてるところはありました。
 開封後だと、自然蒸発とかインクヘッドのクリーニング(電源投入時に自動で行われる)とかで、20%ぐらいはあまり使わなくても減りそうな感じなので、どうなのかな?って感じはあります。

面倒すぎる・・・
うーん、なんかHPに負けた気がするわけですが、トラブルとか面倒なので純正インクをはじめから買えばよかったかな?と思わなくはないです。でも、こんな嫌な目にあったので、よほどの価格差がない限り、HPのプリンターは今後購入しないとは思います。

キャノンもエプソンも変わらないかもしれないが、それでもとりあえずは、HPは次回は購入しないです・・・たぶん・・・。


【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。