ヤフオク!で不用品をなるべく高く売るコツ

実体験に基づくもので、逆にあまり参考にならないかもしれません。
あくまで家庭の不用品を売るという路線です。

出品に関するエピソードを書くと、落札率が上がります

いつ購入したとか、最近利用しなくなったのでとか、そういうエピソードですね。
「売る動機」も、安心して購入できる要素の一つになっているためだと思います。

この手法は広まってるようで、明らかに転売屋さんでも、なぜか(嘘っぽい)エピソードが書かれています。

ゆうちょ銀行の口座を用意する

理由があまりわからないのですが、ゆうちょ銀行の口座に振り込めるかどうかが需要な要素になる人が意外と多いようで、ゆうちょ銀行に口座がない場合は、この機会に作ったほうがよいでしょう。

入金を確認するのが面倒だという場合は、ゆうちょダイレクトというネットバンキングにすることも可能なので、そうすればよいかと思います。

※高額?商品によく、ゆうちょは使えますか?という質問がある気がします。で、使えないとかくと、入札されない・・・。

インターネットサービスご利用ガイド|ゆうちょダイレクト

最低でも5回程度の実績を作ってから

1万円?を超えるようなものを適正価格で落札してほしい場合は、少額の取引でもよいので実績をつくって評価があるほうがよいようです。

初めての登録で、1円スタートで本来ならそれなりの金額になってもおかしくないものが、すごく安く安く落札されているケースが結構見かけるというのが理由です。

厳しい条件を長文で書かない

48時間以内に連絡なき場合は、落札者都合のキャンセルにしますとかそういうのです。

トラブル防止という意味では、悪くない路線ですが、そういうのを何個も書かれているものは敬遠されがちなんですね。
書くとしても、よく吟味して、2個ぐらいの短文に抑えたほうがよいかと思います。

実は、厳しい条件を書いても、読まずに落札する人も意外と多く、落札後に交渉してくる人たちも意外と多い感じです。
または、読んでいても、ダメ元?で交渉するパターンもありそうです。

写真は2枚はUPしたほうがよい

写真サイズは、640x480(横幅600ぐらい)のサイズがよいようです。
3枚までアップできますが、後から写真を追加できるほうがよいと考えるのなら2枚、そうでなければ3枚すべてを公開したほうがよいようです。

似たような写真でも、アングルが違うとかそういうので十分です。写真が多いと、見る楽しみや想像力を掻き立てられるので、よいのでしょう。

写真の縮小は、Windows7とかなら、「縮小専用。 -vector」というフリーソフトでも可能です。

写真は加工する必要はない

かっこよくとかそういう加工は、する必要はありません。加工しすぎると、逆に不安感を与えてしまいます。

ただ、見せ方が重要な物品の場合は、加工でなくて、素で綺麗にみえるレイアウトを採用すべきです。たとえば、衣類関係は、写真の見せ方一つで、落札価格がかなり変わってきます。

床などにおいて撮影するよりかは、ハンガーなどに吊るして撮影するほうが、特にテクニックも必要なく、きれいに見せることが可能です。

日数、終了の設定

売れる見込みがある商品は、3日の設定で十分です。
また、週末(金・土)終了、午後10時前後あたりが、反応がよい感じがします。

ただし、誰が落札する可能性が高いか?というのによって違ってくるかと思います。
意外と、午後3時あたりが、女性層(主婦)?に反応がよい感じがします。

1円出品か、希望価格出品か?

ニッチなものは、1円出品すると、本当に1円で落札されてしまう可能性が高くなります。かなりリスキーです。

売れる商品でも、落札相場が3000円ぐらいで、2500円で出品すると、下手すると入札者が一人もいないっていう状態になることもあります。これを1円で出品すると、3200円とかになったりするのが不思議なところです。

注目のオークション設定

残念ながらほとんど意味がない。
ニッチな商品にこれを使用しても、売れ筋の商品にこれを使用しても、ほとんど効果はないと思ったほうがよい。

悪い評価を気にしない

最終的には、悪い評価を付けられることを気にしてはダメです。
そういう足元を見てくる落札者がいるので、足元を見られると交渉が不利になります。

実際には、少し位悪い評価がついていても、落札されることが多いですから、あまり気にしなくてもよいかもとは個人的には思います。

ただ、評価の欄では、感情的なことを書かずに、紳士的な態度で、「ご理解いただけなくて残念です」という路線で対応しないと、その悪い評価が足を引っ張りかねないので注意する必要があります。

逆に不当すぎるものは、何もコメントを書かないほうがマシってこともあります。

ツールを利用して、出品画面を作成する

http://aucfan.com/auctemp/
上記で、条件などを入力します。(会員登録などは必要ありません)

最終的に生成されたタグを、ヤフオクの「HTMLタグ入力」にそのまま貼り付けると、意外ときれいなものが出来上がります。

ヤフオクの出品画面の入力のところで「かんたん、きれいに入力できるテンプレートを使う(外部リンク)」いうところからも上記、サイトに飛べます。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。