【コンビニ利用で簡単】 30円で証明写真を作成する方法

原理は簡単で、コンビニで、L版写真プリントをして、証明写真を作成しましょうということです。実際には、jpgの画像ファイルを作成して、それをプリントするということになります。

やり方は、いろいろあると思いますが、パソコン(Windows)で動作するアプリを今回使用しました。

使用するアプリ

証明写真をつくろう! フリー版 -vector
フリー版で問題なく利用できます。

使い方


使い方は簡単です。

1.事前に用意してある写真を取り込む
2.プリントサイズはL版を選択
3.証明書写真のサイズを指定する(今回はパスポートサイズを指定しました)
4.そのままか、90度回転を指定する。(今回は、90回転を指定しました。)

90度回転すると4枚作成できるので、お得だとおもってそうしました。

写真はそのまま使用するわけでなくて、トリミングの工程はあります。
実際、ダミーの写真を利用して使ってみるとよくわかるかと思います。

最後に、保存をすると、写真(Jpg)ファイルができます。


今回だと、こんな感じのものができます。
これを、コンビニのマルチプリントで、L版写真プリントするとOkです。

青い線が入っているので、それに従って、ハサミできると、出来上がりです。

30円で4枚も証明写真ができてしまいました・・・(^^;

写真の用意の仕方

今回は、すでにある証明写真をスキャナで読み込んでJpgにして、それを利用しました。スキャナで解像度の一番高いモードでスキャンしました。

実際には、デジカメやスマホ、携帯などで写真を撮って使用すればよいかと思います。あと、jpgの画像ファイルですから、自分で美肌加工とかいろいろし放題ではあります。

まあ、資格試験とかその手の証明書写真としては、十分使えると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。