DNS情報が浸透していない段階でのWEBサーバーの動作確認方法

1.DNSレコードがきちんと登録されている
2.レンタルサーバーで独自ドメイン設定ができている

この2つが確認できれば、とりあえずはOKでしょうという前提で本記事は書かれています。

1.DNSレコードがきちんと登録されている

nslookup/dig コマンドで確認する方法

nslookup(dig)テスト【DNSサーバ接続・応答確認】

上記のWEBサービスを使うか、パソコンのコマンドプロンプトでコマンドをうって確認することができます。

【参考記事】
DNSレコード設定後の確認の仕方 【反映されない?!】

2.レンタルサーバーで独自ドメイン設定ができている

2.1 hostsファイルに追加して確認する方法
192.168.0.10 blog.exeample.com

レンタルサーバーのIPが仮に192.168.0.10、独自ドメインをblog.exeample.comとすると、パソコン内のhostsファイルに上記を追加してから、ブラウザで確認してきちんと表示されれば、レンタルサーバー側の設定はうまくいってると思います。

確認が終わったら、追加した行は削除してください。DNSの問い合わせよりもhostsファイルの設定が優先されるというのを利用した確認方法です。

【参考記事】
hosts ファイルの場所と変更方法 【Windows,Mac OSX,Ubuntu】
Wodpress引越し時は、hostsファイルを使うと便利な時がある

2.2 telnetで確認する
Tera Termを使って、Webサイトを確認する方法 【telnet】
telnetクライアントを使ったWEBサイト確認方法 | 株式会社シンメトリック公式ブログ |

Telnetで80ポートで接続して確認する方法です。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。