mpoファイル(3D写真)を扱える無料アプリ「ステレオフォトメーカー」

世の中の流れに数年遅れてる感じですが、試したので書いておきます。
手持ちのLUMIX DMC-FX90のコンデジでも(疑似?)3D写真がとれて、mpoファイル形式で作成されます。

ステレオフォトメーカー

ダウンロード先、使い方について
StereoPhoto Maker 公式

本記事では、「ステレオフォトメーカーVer4.41」を利用しました。

実際に使ってみた


mpoファイルファイルをダイレクトに読み込めます。また、画像のトリミング、リサイズなども可能です。
この画像を左右別々に出力することも可能です。

左右別々の画像から、mpoファイルを作成することも可能でした。

アニメーションgifを作成してみた


「ファイル」->「左右画像をアニメーション保存」を選択して保存するだけで、このようなgifファイルを作成可能です。

※本記事のドラゴンフルーツの画像は、以下の引用先で公開されているMPOファイルを使用しました。

FinePix REAL 3D W3(FX-3D W3)で撮影して作成したMPOファイルです。MPOファイルのサンプルとして置いておきます。
ここでリンクしているMPOファイルとサンプル画像はフリーのアプリケーションやサンプルプログラムへの同梱やMPOファイルの解説ページなどでご自由にお使い下さい。商用利用は禁止です。
nakamura001 @ ウィキ - トップページ/立体視/MPOファイル/サンプルファイル
3D撮影が可能な「FinePix REAL 3D W3(F FX-3D W3)」を購入 - 強火で進め


【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。