Windows 8.1でイメージバックアップする方法

・GUIからやる方法
・コマンドでやる方法

上記の2通りあります。

GUIからやる方法


「コントロール パネル」->「システムとセキュリティ」->「ファイル履歴」のところの左下のほうに「システム イメージ バックアップ」というのがあるので、それをクリックすると、イメージバックアップを取ることができます。

コマンドでやる方法


コマンドプロンプトでもPowerShell でもどちらでも動作します。ただし管理者権限で実行してくださいね。(画像は、コマンドプロンプトで実行したものです)

C:\WINDOWS\system32> wbAdmin start backup -backupTarget:I: -include:C: -allCritical
wbadmin 1.0 - バックアップ コマンド ライン ツール
(C) Copyright 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

ボリューム情報を取得しています...
これにより SYSTEM(EFI システム パーティション) (260.00 MB),Windows(C:),(\\?\Volume{86805c5e-f7b0-41d2-8d41-99bd1c17a7d2}
\) が I: にバックアップされます。
バックアップ操作を開始しますか?
[Y] はい [N] いいえ Y
イメージバックアップを Iドライブに取る場合は上記のようになります。
実際には、Cドライブとそれに付随する回復パーテーションがバックアップ取られるようです。

参考:
How to Create and Restore System Image Backups on Windows 8.1
[メモ]Windows 8.1でシステムイメージを作る方法: C#学習メモ帳 & 生活雑記

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。