風邪を予防するために、簡単にできること

本当に効果があるかどうかとか、証明されてないとか、そういうのもあるような感じですが、そんな議論(話)は、違うところで・・・(^^; 

まあ、体力(免疫)があれば、風邪ひきにくいのでそれが一番なんですが、仕事や勉強してれば疲れて体力(免疫)落ち気味だと思うので、用心したほうがよいかもとは個人的には思う。体力(免疫)あれば、ほとんど何もしなくても、風邪ひかない(と思う)。

・うがい(水うがい)
・手洗い
・マスク
・加湿
・顔を触らない(接触感染)

※順次追記予定

うがい(水うがい)

水うがいをした場合の発症確率はうがいをしない場合に比べて40%低下することになる。一方ヨード液うがいでは12%の低下にとどまり、統計学的にも意味のある抑制効果は認められなかった。
 水の乱流によってウィルスそのものか、埃の中にあってウィルスにかかりやすくするプロテアーゼという物質が洗い流されること、水道水に含まれる塩素が何らかの効果を発揮したことなどが考えられる。またヨード液でそれほど効果が出なかったことについては、ヨード液がのどに常在する細菌叢を壊して風邪ウィルスの侵入を許したり、のどの正常細胞を傷害したりする可能性が考えられる。
水うがいで風邪発症が4割減少(2005.12.6)-京都大学保健管理センターflu


水でうがいするのは、効果ありということで。
イソジンとかでうがいすると、逆効果になることもあるので避けたほうがよいらしい。

たぶん、冷たい水より、ぬるい水のほうがよいと思う。

参考:
喉が痛い時は、「アズノールうがい液」がお勧め

手洗い


手指衛生(手洗い・手指消毒)
■手指衛生がなぜ必要か
手指衛生は、感染を防ぐ上で非常に重要であることは、世界の常識になっています。インフルエンザウイルスは咳やくしゃみで出た飛沫を直接吸込んで感染する飛沫感染以外にも、飛沫で汚染された手指や物、周囲環境の表面から手を介して接触感染しますので、手洗い・手指消毒は非常に重要です。

■手洗い、手指消毒の効果
インフルエンザウイルスを用いて、手洗い・手指消毒の有効性を検証しました。結果、どちらも15秒以上の作用時間で有効であることが示されました。
手指衛生(手洗い・手指消毒)|インフルエンザ|感染と予防Web|サラヤ株式会社 企業法人向け


マスク


“ゆるめ”のマスクにも、こ~んな効果!
マスクには、多少「すき間」がある状態でも、さまざまな効果が期待できます。
その1つが、保湿です。人間の喉や鼻の粘膜は、「線毛」の働きにより異物を外に出す力を持っています。しかし、冬場の乾燥した空気にさらされると線毛の働きが弱り、抵抗力が落ちてしまうことも。マスクをすれば、保湿・保温の効果によって、線毛の働きを助け、抵抗力を保つことが期待できます。
また、マスクには意外な効果もあります。それは、「接触感染」の予防です。
かぜの主要な感染ルートは、手についたウイルスが、口や鼻などから体内に入る「接触感染」だと言われています。マスクをしていると、自分の手が鼻や口に触れるのを防ぐことができるため、接触感染の予防にもつながると考えられるのです。
そのマスク、大丈夫? 予防効果10秒超UP術 : ためしてガッテン - NHK


2つめの引用をみると、「保温・保湿の効果」「接触感染」の効果があるようです。個人的には結構信じて、マスクを着用できるときは着用してます。

マスクをしてると、マスク内の湿度?がかなり上がり、のどによさそうな感じなんですね。

加湿

 室内の湿度は30パーセント以上(60パーセント以下)に保つことを目安に管理しましょう。
 湿度が低すぎると、のどや気管支の粘膜が乾燥し、のどを痛めたり、のどの保護作用が低下して、カゼのウイルスが体内に侵入しやすくなります。
保健所だより第31号 冬の湿度管理について 東京都福祉保健局


顔を触らないこと

米の研究者らが、ランダムに選んだ249人の被験者の行動を観察したところ、人々は1時間に平均3.3回何かしらのモノに触っており、平均3.6回顔に触れていたそう。つまり、手を洗うよりも前に汚染された手で口や鼻に触れている可能性は高く、そこから風邪などの菌に感染する危険性も否めないという。

同調査をおこなったWladimir Alonso医師は、「いくら手を洗っても、バイ菌がついたモノを触った手で顔に触れてしまえば、自分自身にウィルスを接種しているのと同じこと」とコメント。風邪が流行するこの季節は、手洗いやうがいだけでなく顔を触るのを避けることで、菌を体内に取り込んでしまうのさらに防げるらしい。
【意外と難しい!?】風邪予防には「手洗い」「うがい」以外に「顔を触らないこと」が効果的との調査結果 - IRORIO(イロリオ)


【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。