面倒な確定申告がラクになる!「マネーフォワード For BUSINESS」β版を触ってみた

[PR by ブログタイムズ]

初めに

確定申告とか青色申告と聞いたことがあるが、何か得することがあるの?という方向けに少しだけ書いておきます。私自身も詳しいわけでも何でもないんですが、このぐらいは知っていても損しないと思います。

No.2070 青色申告制度|所得税|国税庁
No.2072 青色申告特別控除|所得税|国税庁

一言でいうと「65万円の青色申告特別控除」というのがお得だということです。
100万円の収入があった場合に、65万円が控除されて、35万円(100-65)に対して税金がかかりますよという仕組みですね。

そのためには、発生主義で複式簿記で記帳をしないとダメだという点です。アプリ(ソフトウェア)使えば簡単なんじゃないの?というと、実際やってみるとそうでもないのがわかるかと思います。

発生主義
多くの人の意識は、現金主義だと思います。実際にお金を払った、お金が入ってきたというお金の出入りの部分をみて、得してる・損してると判断していると思います。

発生主義は、お金の出入りでなくて、実際の取引が発生した時点で考えるというのが違います。

クレジット決済とかを考えてみればわかりやすいかと思います。今日買っても、支払いは2か月先とかの場合でも、今日という日で記帳するわけです。また、アフィリエイトとかでも、報酬が実際に入金されていないけど、確定された状態というのが存在すると思います。その場合は、確定した日付で記帳するわけです。

概念上はこうなんだけど、取引銀行を1つに決めて、その通帳の明細ベースにするというのは、記帳漏れが少ない方法論だと思います。もちろん、そのやり方でも発生主義で記帳はできます。まあ、申告前にまとめて記帳とかする人は、そういう感じの人が多いとは思います。

仕訳(複式簿記)
もう一つ、敷居が高いと思われているのが、複式簿記による記帳ですね。1つの取引に2つの側面(複式)があるものとして記帳するというのが、なじみがないものだと思います。

・アフィリエイトで報酬が確定
売掛金 5,000 | 売 上 5,000

・実際に入金されたとき
現 金 5,000 | 売掛金 5,000

たとえば、こういう感じで仕訳して記帳するんですね。
理屈ではなくて、慣れの部分が大きいとは思うんですが、心理的に「難しい」と思ってしまうと敷居が高くなる気はします。

マネーフォワード For BUSINESS β版を触ってみた

β版提供期間中は無料で利用できるということなので、興味ある方は触ってみるのも悪くないと思います。この手のアプリは、使い勝手が良いかどうかは好みの部分もあるので、そういう意味でもいろいろ触ってみるのもよさそうには個人的に思います。

入出金データを自動で取得してくれる機能

まず、便利だと思うのが、金融機関を登録する機能で、銀行を登録すると自動で取引明細を取ってきてくれるというところですね。

今回は、ジャパンネット銀行で試してみましたが、多くの銀行に対応しています。詳細は公式サイトでご確認ください。

・現在/将来のキャッシュフローが一目瞭然
・入金されていない請求を通知
・日本初!大量の領収書やレシート入力が不要に(予定)
説明を見る限りでは、こういう感じのことが可能なようです。確定申告と直接関係ないですが、売掛管理とかそういうのも簡単にできそうな勢いです。

請求の消込などは、法人向け機能のようで、私が試したのは個人向けです。

あと、銀行の明細の転記以外にも、領収書関係もかなり面倒なんですが、自動で取り込めるのならありがたいことです。

取引入力・仕訳について

銀行の明細の自動取り込みはこちらとも連動していて、もう片方の勘定科目(売掛金など)を選択するだけで記帳が終わりという半自動的な感じで、かなり省力化とミスを防止してくれそうな感じですね。

実際、残高とかあわないと、入力をミスしていないか?記帳漏れしてないか?を確認するのは非常に手間がかかる作業になるので、自動化とか半自動化は便利だと思います。

あと、個人事業主の場合は、「事業主借」と「事業主貸」という勘定科目を使って、銀行の明細のまま、個人的なものもそのまま残しておくことをお勧めします。

「事業主借」と「事業主貸」の疑問を解決! [独立・会社設立のノウハウ] All About


また、仕訳がなんとなく難しいという人向けにも、簡単入力機能が提供されていて、取引の内容をウイザード形式で選択していくだけで、仕訳を勝手にしてくれますという機能ですね。

まあ、この手の機能は個人向けのアプリにはよくあるものだとは思います。

「マネーフォワード For BUSINESS」に関して参考になる記事
β期間は無料で利用可能:自動入力機能が魅力的、クラウド会計ソフト「マネーフォワード For BUSINESS」登場 - 誠 Biz.ID
マネーフォワードがクラウド会計に参入、専門知識不要の自動入力サービス | TechCrunch Japan
確定申告・法人決算を簡単で楽なものに -- クラウド型経営サポートツール「マネーフォワード For BUSINESS」β版リリース - インターネットコム
クラウド型経営サポートツール「マネーフォワード For BUSINESS」が無料提供開始 | RBB TODAY

その他
Windowsユーザーの場合は、この手のソフトは多いんですが、Mac(OSX)の人は苦労している人が多いと思います。今回紹介したのはブラウザ経由のWebアプリなので、Macでも使えるというメリットはあります。
[PR by ブログタイムズ]

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。