「<物語>シリーズ セカンドシーズン 最終回#26 恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸」は、良かった。【嘘を平気でつく大人に救われる】


偽物語の最終回 「つきひフェニックス 其ノ肆」は正直よかった 【言葉の束縛からの解放】

偽物語の最終回は良かったなと思っていたら、「<物語>シリーズ セカンドシーズン 最終回」はもっと良かったです。

偽物語の最終回でも『貝木:偽物の方が圧倒的に価値がある。偽物は本物になろうとする意志があるから偽物に価値がある』という風に、貝木氏は、詐欺師なのに、言うことだけはカッコいいんですね。

今回の貝木氏は、もっと、カッコいい言葉だらけでした。どこで切り取っても、カッコいいし、どの部分を切り取ろうかと迷うほど、すべてがよすぎて、切り取れない感じです。

最初の場面で、「神社周辺が蛇だらけになる」のですが、それが美しいんです。貝木氏も美しいと言ってましたね。

千石撫子は幼くてバカなのかな?と思っていたら、貝木の嘘をはじめから見抜いていたんですね。

まあ、子供というのは、「大人の嘘」には意外と敏感で、僕も子供時代はそうだった気がします。大人は、平気で嘘をつくというのが僕の記憶にも残っています。

で、この最終回をみて、「大人が嘘をつくのはもしかすると、良いことなのかもしれない」と肯定的な感じに受け取れました。

そうです、大人は子供に対して嘘をつかなければならないんです(^^;

なんか、完全に僕は、詐欺師に騙されて、洗脳されてしまった感じですな・・。

僕が気に入ったところ

<物語>シリーズ セカンドシーズン #26 恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸 の感想:ミッチの憂鬱な日々:So-netブログ」が、あとからセリフを見直したいときに便利かと思います。

千石。俺は金が好きだ

なぜかと言えば、金はすべての代わりになるからだ。
ありとあらゆるものの代用品になる、オールマイティーカードだからだ。

物も買える、命も買える、人も買える、心も買える、
幸せも買える、夢も買える――

とても大切なもので、そしてその上で、
かけがえのないものではないから、好きだ
投稿者:化物語最高~ 発言者:貝木泥舟
http://phoenix-wind.com/ranking/vote/vote_koimonogatari_ranking.php


「かけがえのないもの」について考えさせられるものですね。
まあ、僕も、金は大好きです。なんか、あとくされ感がなく幸せが買えるから。あと、賞味期限がないというのもイイですね。その時、その場所、その人でないとダメとかそういう制約条件がないのがイイです。

受け入れる気持ち?って、貝木。お前、千石になにをいったんだ。
当たり前のことさ。当たり前のことをいったんだ。
恋愛だけが全てはないと。
他にも楽しみはあるとか。
将来を棒にふるなとか。
みんな恥ずかしい青春を送ってきたとか。
しばらくすればいい思い出なるとか。
そういう大人が子供にいうような当たり前のことを言ったんだ。
だから、なにをしたかと言うならば、俺は当たり前のことをしたまでだ。
<物語>シリーズ セカンドシーズン #26 恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸 の感想:ミッチの憂鬱な日々:So-netブログ


この部分が、大人が子ともに対して、嘘をついても問題ないというか、大人は子供に対して嘘をつくべきだと僕が思った箇所だと思います。

さあな。さっきまで幸せだったみたいだが。別に幸せになることが人間がいきる
目的でないからな。幸せになれなくとも、なりたいものになれればいいんだし。
けどまあ、なににしても、生きりゃあそのううち いいことあるじゃねえのかよ。
<物語>シリーズ セカンドシーズン #26 恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸 の感想:ミッチの憂鬱な日々:So-netブログ


いいことが一切なく、ただ生きているだけでも、イイのかもしれないと思わせたのと、
「幸せ」というものを固定して、それを一生持ち続けることはできないんだという感じがしました。

「幸せ」というゴールにたどり着いても、それでも、生きることは継続するんですね。コールにたどり着きながら、終わりではないという矛盾。

じゃあ。お前、どんな理由だったら、神さまをやめられるんだ?
誰に話を聞いてもよ。戦場ヶ原から聞いても、羽川から聞いても、
両親から話を聞いてもさえ、お前があんな趣味を持っているだなんて情報はなかった。
そこまでお前はかたくなにそれらの恥ずかしい創作物を隠しきったんだ。
お前は誰にも言わなかった。それはつまり、お前にとってそれが本当の夢
だからだろう。
本当の願い事は、他人にも神さまにもいうもんじゃないからな。
<物語>シリーズ セカンドシーズン #26 恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸 の感想:ミッチの憂鬱な日々:So-netブログ


言い回しは、カッコいいと思います。

ああ。いろいろ調べた。だが、そうだ。なにも知らん。重要なことはなにも
知らない。お前のことはお前しか知らないのだから。
だから、お前のことは、お前しか大切にできないんだぜ。
・・・ああ、ここが重要に、つきるヤツらは、自分だけ考えている。
そして、お前の夢もお前にしか叶えられない。

そんな。とっかひっかみたいな。あれがだめならこれでいこうみたいな。
適当なことしてもいいの?人間は。

いいんだよ。人間だから。かけがいのない代わりのないものなんかない。
<物語>シリーズ セカンドシーズン #26 恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸 の感想:ミッチの憂鬱な日々:So-netブログ


このあたりも・・・。

最後に・・・

子供の皆さんへ

大人のいうことと詐欺師のいうことは、真に受けてはダメです(汗)

でも、騙されてあげてもよいかも…。


おまけ

Gyaoで1週?遅れで無料で見れるので、興味ある方はどうぞ。
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00548/v12059/
・<物語>シリーズセカンドシーズン 恋物語 第恋話 ひたぎエンド 其ノ陸 2014/1/15まで配信

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。