産業用鉛蓄電池の再生バッテリー導入によるコスト削減の可能性について 【株式会社ADVANCE】

バッテリー再生について

バッテリー自体は、10年程の耐久性を持っているのですが、実際には3~4年で寿命を迎え、廃棄している場合がほとんどではないでしょうか?実は、バッテリーというのは再生が可能なのです。

ビジネス感覚的には、プリンターのリサイクルトナーとかと同じノリだと考えて問題ないかと思います。

気になるのは、コストが削減できるとしても、新品と同程度の性能があるか、品質に問題ないのか?という点かと思います。

プリンターのリサイクルトナーでも、リサイクル会社によって品質が違ったりするので、一般論的な情報というのが役に立たないこともあるかと思います。

また、技術というのは進化する分野は格段に変わってきていますので、昔とは違うということもありますので、現状を確認してみるのも悪くないかと思います。

(株)ADVANCEさんでのバッテリー再生について


「完全な再生技術」というタイトルが目が奪われますが、Webページの説明を読むと、従来の技術とは違う(株)ADVANCEさん独自の新しい技術のことを指しているようです。本当の意味でのバッテリー再生が可能だということです。この技術で再生されたバッテリーの性能・寿命は、新品と同等かそれ以上とのことです。

詳しい技術的な説明、データ・実績などは、以下のURLから確認していただければと思います。この技術は世界的にも稀な技術だそうです。

完全なる再生技術はこちらから

どういうバッテリーが再生可能なの?
オープンベント式(EB) -自動搬送機や床洗浄機等
ヤマハ、サンヨーゴルフカート用
日立ゴルフカート用

実績では、電気車両等で使用される産業用のディープサイクル・バッテリーが得意分野のようです。

興味ある方は、サンプル価格の試供品で性能を確認してもよいかもしれない

初回に限り、サンプル価格にて試供品を提供いたします(※3)。

当社の再生品と新品との違いを実感してください。今まで他社ができなかった鉛バッテリーの完全再生技術を確立させ、バッテリーの常識を変えていきたいと考えています。
再生バッテリーをご検討中の方は、ぜひ一度お問い合わせください。

(※3)一社様につき1台分(使用機器本体の台数)までをサンプル価格にてお試しできます。
株式会社ADVANCE は、ディープサイクル(鉛蓄電池)バッテリーの再生から販売まで承ります


格安度合いはどの程度かはWEBページに記載がないので私は判断できないのですが、問い合わせたら教えてくれるでしょう。また、性能評価の仕方ですが、当然ながら新品との比較がよいかと思います。オープンベント式(EB)のやつだと、汎用品に近いようで、Amazonとかでも普通に売っているものもあるので、新品はその経由で手に入れるというのも1つの方法かと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。