確定申告・青色申告のための帳簿入力が楽になる「マネーフォワード For BUSINESS」【会計ソフト】

[PR by ブログタイムズ]

直近に迫った、確定申告・青色申告を何とかしたい

・帳簿入力が大変
・領収書集めと入力が大変
・確定申告前にまとめてやるので、なお大変
・仕訳の勘定科目がわからない

地道に、毎月やっておれば問題ないのかもしれないですが、そんな理想論を語ったところで現実が変わることはないので、何とかするしかありません。

多くの人がやっているのが、銀行の通帳、クレジットカードの明細をベースにするやりかたですね。あと、領収書を必死に集めるという作業なんですね。

でも、これをEXCELとかに転記してやるのも限界があるというか、無理があるので、会計ソフトをつかうのがベターなんですけど、意外と高いんですよね。

まあ、数が少なければ、紙ベースでもEXCELベースでもやれなくはないので頑張る価値はあります。ただ、面倒なのと、仕訳の間違いを訂正しにくいというデメリットがあります。私は、EXCELベースは挫折しました。

マネーフォワード For BUSINESS


以前にも消化しましたが、WEBベースで動作する会計ソフトの「マネーフォワード For BUSINESS」です。

「銀行通帳からの転記」「クレジットカードからの転記」「領収書からの転記」とかが意外と手間がかかって面倒なわけですが、そういうのが低減されるように作られていて便利になってるなと感じました。

制限はありますが、無料でも使えますので、興味ある方は実際に試してみてくださいね。

ネットバンクから直接明細を取得できる

通常の明細を直接読み込んで、半自動で仕訳までしてくれるという機能です。仕訳は学習機能やルールを作れるようなので、うまくられば全自動まで可能なのかな?と思います。

実際の操作画面は、「面倒な確定申告がラクになる!「マネーフォワード For BUSINESS」β版を触ってみた 」などを参考にしてください。

今回、正式版になったわけですが、画面自体はβ版とおなじでした。


銀行口座以外にも、「カード(クレジット)」「電子マネー」「通販」からも取り込みできるようです。Amazonの購入履歴から明細を取得できるのは便利かと個人的には思います。

自動で取得したくない場合は、以下のように、CSVファイルで取り込む機能もあります。

マネーフォワード For BUSINESSでは、金融機関のデータを自動取得する事ができますが、対応していない金融機関や、登録をしたくない金融機関(銀行・カード・電子マネー等)の入出金履歴をCSVファイルでアップロードする事もできます。
使い方ガイド|マネーフォワード For BUSINESS


領収書読み取りアプリで、データ入力が楽ちん



今回、正式版になったのと同時に、領収書の読み取りアプリも公開されました。もちろん連動できて、自動的に取り込んでくれます。

領収書読み取り性能や、アプリの使い勝手を知りたい場合は、このアプリ単体でも使えるようになっているので、興味ある方は試してみてください。(マネーフォワードのログイン情報なくても動作する)

その他気になった機能
有料プランでないとできないようなんですが、「他会計ソフトからのインポート/エクスポート」ができるというのが便利かなと思います。

手書きレスで、入力が楽なようにどんどん進化していっている感じですね。楽天とかの購入履歴などからも、自動で読み込んでくれるようになるとありがたいかなと思います。

参考になるサイト
作業時間を3分の1まで短縮--マネーフォワード、クラウド型会計サービスの正式版を提供開始 - インターネットコム
クラウド会計『マネーフォワード 確定申告』など、サービス開始 | RBB TODAY
専門知識いらずのクラウド会計「マネーフォワード」正式版、価格優位でシェアトップ狙う | TechCrunch Japan

[PR by ブログタイムズ]

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。