ダイソーのカメラ用ブロアーを購入してみた


これしか持っていないので、比較できないので何とも言えませんが、節約したい人はこれでイイんじゃないかな?と思います。こまごま、この手のものを買いそろえていたら、馬鹿にならない金額になるので・・・。

実際、機能的には問題なくて、風量もそれなりにある感じですから。
カメラ用に買いましたが、ブロアーって便利で、液晶画面にホコリとかも簡単に吹き飛ばせて便利だというのも分かりました。

あと、ゴムの部分を取り外して、食器洗い洗剤で洗ってみたけど、結局あまり意味ないかんじですな・・。

ダイソーに売っているのは知ってたんですが、はずれだったら困るので事前に検索して調べてみたんですが、「微妙」という感じの雰囲気で心配してたんですが、まあ使える範囲だと思います。108円なら合格点レベルでしょう。

ないと困るかというと、たぶん微妙に困ると思います。

(1)素材
ダイソー:ゴム
HAKUBA:シリコン



(2)固さ
ダイソー:かため
HAKUBA:やわらかめ


(3)先端の穴
ダイソー:直径約1mm
HAKUBA:直径約2mm
コルガジェ。~あんなガジェット、こんなガジェット~ ダイソーのブロワーは果たして使えるのか?


製品の仕様は上記を参考に・・・。

風量はハクバに較べて劣るものの、サイズがそこそこ大きいので本来の目的をいちおう果たせる。ところが、プッシュした後の戻りが遅くて非効率、本品のブロー1回の間にハクバは3回ブローできる具合なのだ。
大失敗!ダイソーのカメラ用ブロアーを購入。まんべんなく低クオリティで褒めようがない。 パワーリンゴ/ウェブリブログ


比較はできないけど、まあそういう感じだとは思う。
Youtubeとかでブロアーを使っている人のをみれば、ダイソーのはあんなに速く何回もできないのは事実なんで・・・。

比べてみるとそんなに大きな違いはないがダイソーのブロアーはゴムの質が悪いのかさわり心地が悪く、押し出される空気の強さも少し弱いようだ。
100円ショップに売っていたブロアー | SEc_404 新みかん魚の脱線する製作レポート


弱いけど、ほこりは余裕で飛ぶ強さです。

意外と凝っているなと思ったのは、歯磨き粉みたいにタテ置きが出来る事。写真ではわかりづらいんですが、底(下側に)黒いゴム底みたいなのがついていてこれでブロアーが立ちます。これ地味だけど机の上に置いておく時等は便利ですよね。
【最近入手したもの】100円ショップのダイソーにて興味のあった小物を購入 - depさんの使ってみたら…(レビューとか感想とか)


頻繁に使うのなら、机の上においておくのがよいでしょうね。

もっと複雑な構造だと思ってたけど実際見てみると単純です。
空気を吸い込む時にはココが開き、吹き出すときには閉じた
ままなのでノズルからのみ空気が出てきます。

後からカッターで切るって発想はなかったなぁ・・・
日本の製造業でコレを考えたら、きっとバネと弁使った複雑
な構造になるかややこしい成型部品をつくって結果的にコス
トのかかる構造になる気がします。
品質や作業性を考えるとこういう加工は避けると思いますョ。
中年男の日記帳: ブロアー (ダイソー)


構造とかは、上記の引用先が詳しいです。
実際、ゴムの部分を洗うのに、後ろの部分のゴムを外してみたんですが、引用先みたいにはなってました。

■その他の情報
『ダイソー』で買った『カメラ・ビデオ・PC用ブロアー』: パソコン・FXなどに関する日記
隠れオタクの秘密基地 ダイソーの100円カメラグッズ『ブロアー』を買ってみた

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。