「Google Chrome」でページを読み込む際にキャッシュを自動削除「Cache Killer」


ブログのカスタマイズなどをして、表示確認をしているときにブラウザのキャッシュの影響を考えるのをつい忘れてはまってしまうことがあるのですが、キャッシュの削除を毎回するのも面倒だと思っていたら、便利な拡張機能があるのを最近知りました。


ON  -> キャッシュしない
OFF -> キャッシュする(標準状態)

ボタンをクリックするだけで、キャッシュをしない状態に切り替えられます。ONの状態でページを読めば、毎回読み込みに行って最新のものが表示されるようになります。

参考:
【レビュー】「Google Chrome」でページを読み込む際にキャッシュを自動削除「Cache Killer」 - 窓の杜


補足:Google Chromeのキャッシュを無効化


Chromeの標準機能でも可能で、デベロッパーツールの「Network」->「Disable cache」のところで可能です。ただし、デベロッパーツールを開いた状態の時のみ有効になるようです。

参考:
Chromeのキャッシュをオフにする方法 | アイ・エス・シー実験室
【実用】 □Google Chromeのキャッシュを無効化する方法。 少し前にChromeのキャッシュを自動でクリアする拡張について紹介しました。…

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。