Chrome 64bit(正式版)の導入の仕方 【近頃、Chromeがメモリ不足、クラッシュする人へ】

近頃、Chromenoのメモリ不足が、以前より頻発する

ここ1か月ぐらいの現象だと思うんですが、当方のWindows8.1の環境ではタブをたくさん開くとメモリー不足に良くなるんですね。また時々クラッシュ?する感じでちょっと不安定で困ってました。明らかに、以前と同じように使ってるのに動作が違う感じがするわけです。

Chrome 64bitの正式版(安定板)が出ているのを知って、そちらに乗り換えてみると、その症状が消えました。手動でアップデートする必要がありましたが、32bit版の設定(ブックマーク・拡張機能)はそのまま引き継がれたので特に問題は発生しませんでした。

まだ、数日しか様子を見てないですが、Chromeのメモリ不足で困ってる人は検討してみる価値はあるかと思います。64ビットに乗り換える前には、ネットで検索で調べた対策をいろいろやってみたんですが、あまり意味がありませんでした。プロファイルのクリア関係も無駄だった気がします。

今まで問題なくChromeを使えていたのに、最近不安定になった、メモリ不足するようになったという場合に64bit版に乗り換えるのは有効だと思います。

32bit版で問題ない人は、今のところは無理に64bit版に移行する必要はないかと思います。

現在使っているChromeはどっち?


タスクマネージャで、32ビットと書かれていたら32bit版です。64ビット版は「Chrome」と表示されています。


Chromeの設定ボタン->「Chromeについて(G)」を選択するとバージョン表示されますのでその部分でも確認できるかと思います。64ビットの場合は (64-bit)と書かれています。

Chrome 64bit(正式版)は、最初は手動アップデート

https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html?platform=win64

上記のリンクからインストール(アップデート)できるかと思います。「Chrome をダウンロード」ボタンをクリックして、それを実行すればインストール(アップデート)できます。

※Windowsの場合は、32bit版から自動で64bit版にアップデートされない

URL先が変わった場合の為に
https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html

他のプラットフォームを選択すれば、必ず64ビット版が見つかるかと思います。

Google Chrome - 窓の杜ライブラリ

窓の杜のリンクからというのもお手軽で確実かもしれません。

その他

・32bit版と64bit版の共存はできない
・32bit版の設定は引き継がれる
・32bit版Chromeはアンインストール必要はない
・(たぶん)64bit版から設定を引きついて32bitに戻すことはできない
・32bit 版の「NPAPI」プラグインはサポートされなくなる
・javaを使用している人は、64bit版をあらためてインストールする必要がある

調べる限りでは、「NPAPI」は現在の Chrome では、標準でOFFなので多くの人には問題ないと思います。

参考:
Google、「Google Chrome」の“NPAPI”プラグインサポートを段階的に廃止 - 窓の杜
32bit版Chromeがフリーズするので64bit版にアップグレード!軽くなった? | Webと人のアマモ場
chromeの64bitと32bitの併用について 【OKWave】
[Windows]Chrome 64bit版 が安定版になったのでインストールしました - としやの Blog
Google Chrome の 64 bit 版に乗り換える - 自動更新されないので忘れてない? | すぐに忘れる脳みそのためのメモ

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。