「Panasonic カットモード」を使用して、「ビジネススタイル」 カットをしてみる【第2回目】

まさかの2回目です

「Panasonic カットモード」を使用して、セフルカットに挑戦してみる 【第一回目】

1回目は、「ショートスタイル」でカットしました。今回(2回目)は、「ビジネススタイル」でカットしてみることにしました。GWというのもあり、懲りずに再度挑戦ということですね。

・カット時間は30分
・難易度は、多分、前回とおなじ程度

もしかすると、安い床屋(散髪屋)なら、大人ならこのカットに近いんじゃないかなぁと思うのですがどうでしょうか?
前回は初めてだったので、いろいろ書けたのですが、今回はほとんど書くことがありません。


ビジネススタイル


こんな感じのカットですね。
上の方の肉の部位みたいな感じの図が結構重要で、場所によってアタッチメントを切り替えて(長さを替えて)カットします。

料理と同じで、はじめはレシピ通り(説明書)通りにするのが上達?する秘訣だと今回思いました。


完成が上の方で、下の2つがアレンジすればこうなりますよと言う写真です。
アレンジといっても、カットのアレンジで無くて、整髪料をつけてそういう風にしてくださいねというアレンジです。


説明通りに進めると、なんとなく髪の毛が重いような、野暮ったいような感じになりちょっと心配になったのですが、最後の方で、髪の毛をすくことでちゃんとなりました。

前回の髪型では、ナチュラルアタッチメントというので、髪の毛の量を調整したのですが、今回は、上記のような「すき」用のアタッチメントを使いました。

説明書とか使い方をみると、こっちが、ハサミでいう「すきばさみ」の役割を果たしているようです。髪の毛を持ち上げて、その中央部分にあてるということをします。すきばさみなら、中央部をそのままカットという動作になるかと思います。

髪型ってバランスなんで、ちょっとしたことでかなりイメージがかわると思います。説明書通りに、しないと、バランスが分からないので、説明書通りにしたほうが絶対にうまくいくかと思います。

ただし、前髪だけ注意です(苦笑)。前回痛い目にあったので、今回は注意しました。


慣れてくれば、ハサミでおなじことが出来るようになるかも

そんな気がします。

個人的には、「Panasonic カットモード」はステキな商品だと思うのですが、最後の仕上げは、ハサミでカットしたほうがよさそうな気もするんですね。

とりあえず、髪の毛をすくのは、(慣れたら)セフルカットの場合はスキばさみの方がよさそうに思います。

バリカンでカットした毛先と
ハサミでカットした毛先が
微妙に違うようで、全体の雰囲気が違うような気がするんですね。

乱反射?具合が違うような。
気のせいかな?

ただ、後ろ髪とかの襟足?のカットは、セフルカットの場合は特に、バリカンは便利です。きれいにカットできます。


追記:2015/05/02
1日たって、鏡で確認したら、こっちの髪型の方が、立体感?がある感じで良い具合に仕上がってました。
アタッチメントで、70㎝、50㎝、40cmと切り替えてカットした効果かもとは思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。