FacebookのOGP設定済みだと、Twitter Cardsの設定は2行で済むので設定したほうがよいと思う

・設定は2行で済む
・Twitter Cardsの申請らしきものも、今はない感じ(2015年5月現在)

なので、OGP設定済みの場合は難しいことが何もないので、設定してみてもよいかもと思います。

Twitter Cardsの設定

<meta name="twitter:card" content="summary" />
<meta name="twitter:site" content="@TwitterのIDを記入" />

TwitterのIDは、@付きで記入します。
この2行をhead部に追加です。OGP設定の下あたりに記入すればよいかと思います。

参考:
Twitter Cardsを設定して自社サイト情報をツイートに出す2つの手順(OGP済みなら10分でOK) | 編集長ブログ―安田英久 | Web担当者Forum

Twitter Cardsの動作確認と申請


Card Validator | Twitter Developers

Twitterにログインした状態で、上記でURLを入力することで、動作確認(設定が正しいか?)ができます。
おそらく、この動作確認をすると、自動的に申請という形になったようで、以前はあった「Twitter card を申請」という手続きはなくなってるようです。

実際、上記だけで、当ブログは動作しています。

参考:
[WordPress] Twitter Card を Twitter 公式プラグインを利用して導入する方法 | CodeNote.net

どんな感じになるの?!


パソコンから見ると上記のような感じになります。「概要を表示」という部分が追加されてます。その部分をクリックすると、下のように、画像と記事の抜粋が表示されるようになります。

こんなの必要ないと思ったんですが、当ブログだと料理の記事があるんですが、その場合だと写真入りでこういうのが表示されるほうがイイかなぁと思ったので今回設定してみました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。