ペットボトルで簡単に「フローズンドリンク」【過冷却という現象】


Step2:それを冷凍庫にいれて、「3時間15分」放置します。(この時間が大切!です)



このフローズンコーラには、過冷却という原理を応用しています。衝撃を与えないようにゆっくりと冷やしていくと0℃より低い温度の液体をつくることができるのです。しかしこの状態は不安定で、少しの刺激ですぐに凍ってしまいます。
3時間15分、冷凍庫にいれていた炭酸飲料は過冷却の状態。とても冷たく、凍りかけ。刺激を与えてちょっとかき混ぜるだけで、液体がすぐに凍り始めるのです。
ペットボトルで簡単に「フローズンドリンク」を作る方法!コツは逆さにすること!? | ガジェット通信


・1.5リットルのペプシコーラか、コカ・コーラ
・冷凍庫で冷やす
・冷凍庫の温度調整は「弱」
・5時間から8時間程度
・横向きに
・事前に振る必要もなければ、開ける前に振る必要もない

※栓を開ける前に、目視でみても、凍ってない状態であることを確認してください。

最近、コーラをのんでまして、冷蔵庫で冷やさないで、冷凍庫で冷やすっていう荒業をやってます。
今の時期、我が家の冷凍庫の温度調整が「弱」で8時間程度では凍らないのでその荒業が通用します。

本当は4時間とかその程度で取り出すほうがよいのですが、つい忘れることがあります。
そうすると、凍ってないのに、蓋をあけて注ぐと、「フローズンドリンク」のようになります。

たぶん蓋をあけると、ペットボトルの内部の気圧が一気にあがってそれが刺激となり、コーラの一部が凍りだすという現象になるのだと思います。過冷却という現象です。

「フローズンドリンク」状態になってしまっても、キャップを締めて野菜室においてけばもとに戻ります。
時間が許すのなら、冷蔵庫に横向きに入れておくだけでも解消されます。

過冷却で凍った部分は、普通に凍るのと違うみたいで、溶けても気が抜けたり、味が薄くなったりはしないようです。

炭酸飲料は、僕は普通に飲むのが一番だとは思います。


こんな感じで、注ぐと凍る感じですね。

・栓をあけたとたんに、凍る場合
・注ぐと、凍る場合
の2パターンがありました。
どういう条件でそうなるのかは分かりませんけどね。

コーラーが凍ってしまった場合(過冷却の失敗とか・・)

過冷却状態で、見た目、凍っていない場合は普通に飲んでもOKですが、
凍ってしまった場合は、我慢して外に出してとけるのを確認して、再度我慢して冷やした方がよいと思います。

一部でも凍ってしまった場合は、凍ってない部分を最初のむのは問題ないんだけど、
その残りが、美味しくない、水っぽくなる、気が抜けるということになり、飲むに値しないものになり損です。

すべて凍ってしまっても、栓を開けない限り、溶けるまで待てば元のコーラーと一緒です。

過冷却状態で凍る場合は、たぶん均一に凍り、
普通に凍る場合は、水分の部分だけが先に凍っていくという現象になると思います。

普通に凍る場合は、コーラーの濃い液と薄い液に分離して、薄い液だけ凍るという現象になるので、とけると不味くなるっていう構図になるかと・・・。

スポーツドリンクでも、凍らせると最初は甘く、残ったものは水っぽくなるのと同じです。

【ブログ内で関連ある記事】



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。