折り畳み傘の骨が折れたので、修理してもらった話


先だほ?の部分が劣化して、折れてしまいました。
いろいろあって、店の人に聞くと、修理が可能だということで見積もりを取ってもらった後に修理に出しました。


料金というのは、上記のようになっていて、骨の部分1本だけ交換ということで1500円で修理できて1か月ほどで戻ってきました。

お気に入りの折り畳み傘だったので、良かったですと言う話と、そもそも折り畳み傘がこんな感じで修理を受け付けてくれるというのを初めて知ったので参考になればと思い書いておきます。

折れた部分は骨ごと交換されています。

いろいろあったというのは、5年ぐらい使っていた折り畳み傘が折れて、同じ店で違うもの(特売もの)を買ったんだけど、この5月の強風?を伴う雨で、購入して2週間ぐらいで傘が折れてしまったというのがありました。

2週間なのでダメモトで聞きに行ったわけですが、新品と交換とかいう甘いことは無理で、有料で修理なら出来るということを言われたわけです。値段は、骨1本につき1500円で、1本増えるごとに300円ぐらいって話で、実際には販売元?仕入先?に送って見積とらないと分からないっていう話になりました。

ということで、それなら前の折り畳み傘を修理したほうがよさそうに思ったので、そっちを修理に出すことにしました。その傘もその店で買ってたのでできた話だと思います。

そもそも、傘の骨が修理可能というのを知っていたら、初めから修理に出したのにというのはありましたが、まあ聞かないことまで教えてくれっていっても無理なので仕方がないですよね。

ということで、同じように修理できたら使い続けたい傘がある人は、購入したところで修理可能かどうか聞いてみるのがよいかと思う。

追記:2017/09/12
結局修理しても、修理してない骨が壊れてしまいます。まあ、経年劣化ならそうなりますよね。
諦めて、新しいのを購入したほうがお得だということで、修理関係は流行らないのかも。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。