SEIYUのマッサマンカレーがお勧めです


正直SEIYUのものに何かを期待することは僕はないんですけど、「SEIYUのマッサマンカレー」は正直おいしいと思います。お勧めです。値段も150円(税抜き)で破格値だと思います。

ゲーン・マッサマン(タイ語: แกงมัสมั่น、kaeng matsaman)は、タイ王国に起源を持つゲーン(タイカレー)である。マッサマンカレーとも呼ばれる。



イスラム教徒(ムスリム)から伝来したことから、イスラム教の食の規律(ハラール)に従って、このカレーは主に鶏肉、牛肉や羊肉などで作られる。タイで一番多いのはチキンマッサマンである。しかし、タイにおいても高級料理店では、鴨肉、豆腐、豚肉が用いられることもある。さらに、その他の食材として、ココナッツミルク、炒った落花生かカシューナッツ、ジャガイモ、人参、玉ねぎ、ローリエ、カルダモン、シナモン、八角、パームシュガー、魚醤、唐辛子、タマリンドのソースが加えられる。ターメリック、シナモン、トウシキミ、クミン、クローブ、ナツメグ等のスパイスは、商人によってインドネシアからタイ南部に輸入された。
マッサマン - Wikipedia


「SEIYUのマッサマンカレー」は、過去に何回か買って食べてるんですが、
・カシューナッツ
・ココナッツミルク
このあたりの味の旨さなんじゃないかなぁと思います。

あと、このシリーズはいろいろあって、「グリーンカレー」と「ひよこ豆と野菜のチャナマサカレー」を今回一緒に買いました。

「グリーンカレー」は普通。特にダメっていうわけでもないけど、お勧めともいえない感じの普通。あと、「ひよこ豆と野菜のチャナマサカレー」は少しトマトソースっぽい味かなぁと思いました。

マッサマンカレー


カロリー:227kcal
塩分:3.2g

レトルトカレーとしては、カロリーが高いほうだと思う。
まあ、それがおいしさに繋がってるんだとは思う。

特に「マッサマン」は、同シリーズで売り上げトップだった「バターチキン」を抑えて1番人気に。
無印の対抗馬?レトルトカレーに意外な伏兵 | めちゃ売れ!コスパ最強商品はコレだ | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト


売れているというのは、たぶん本当だと思う。

ひよこ豆と野菜のチャナマサカレー


カロリー:161kcal
塩分:2.6g

グリーンカレー


カロリー:173kcal
塩分:2.8g

香りとかも、普通のグリーンカレーだと思う。




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。