avast 2016 無料の1年用ライセンス登録の仕方

インストールの仕方

avast2015の「更新」というところで、プログラムの更新を行うとavast2016へのアップグレードを案内してくれるのでその経由でアップグレードできます。無料のライセンス期間(残期間)は引き継がれます。

あと、avast2016を新規にインストールすることも可能です。

アバスト | PC、Mac、Android 用の無料アンチウイルスをダウンロード
セキュリティソフト“アバスト”シリーズの最新版「Avast 2016」が正式公開 - 窓の杜

ダウンロードしたファイルは、avast_free_antivirus_setup_online.exeで、これを実行することで新規インストールが可能です。途中でモバイル版のavastの案内とか出てくるので、スキップを選択すればOKです。

Windows10で数日使ってますが、問題ないようです。

ライセンス登録の仕方


ライセンス登録する経路は2か所あるみたいなんですが、1つはメールアドレスを要求され、もう一つは登録ボタンを押すだけという感じになっていました。

歯車アイコンのところから「登録」とするとメールアドレスが必要ありません。
上方の緑の「登録」ボタンからだと、おそらくメールアドレスが必要なようです。

歯車アイコンから

歯車アイコン->登録(左サイドバー)を選択すると上記のような画面になります。無料バージョンは左側のほうなのでそちらを選択します。それで1年間に延長されます。

登録後に、再度、歯車->登録のところを確認すれば、ライセンス期間が表示されるのでそこで確認できます。

緑の「登録」ボタンから

上方の緑の「登録」ボタンからだと、上記のような画面になります。
もしかすると、メールアドレスが未入力でも登録できるのかもしれませんが、そうじゃないかもしれません。

SSL通信のスキャンをOFFに・・

ウイルス対策ソフトの「SSL通信のスキャン」について
「設定」->「常駐保護」->ウエブシールドの「カスタマイズ」のところの画面で、OFFにしてます。
理由は、なんとなくavastを信用しきれないのと、気持ち悪いからという、非論理的な理由で・・。

追記:2016/11/17
SSL関連の証明書が無料で取得できる現状なので、天秤にかけて、「SSL通信のスキャン」を今は有効にしています。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。