【東芝炊飯器】中ブタの調圧弁が落ちるので、修理してみた【RC-10KY】

・保守部品を購入して、修理する方法
・私がやってみた方法

保守部品を購入して、修理する方法


調圧弁部分の適用機種は、RC-10LY、RC-10KY、RC-18LY、RC-18KYともある。



よく見ると部品自体の設計が変わってることに気づく。構造的にプラスチック?ABS?のツメだけで引っ掛ける構造でなく、金属的な部品に変わり、締め付けられるようなリング部品も追加されてた。かなり劣化に対する強度には強そうな構造になっている。最初からこの構造だったら、もっともっと長く使えただろう。説明書によると後継機の部品と共通化とある。おそらく後継機ではこのように改善された部品が最初からついているのだろう。
ネフローゼのために... 炊飯器RC-10LYの内ふたの調圧弁部品


私が持っている機種は「RC-10KY」なので上記のパーツを購入すればいけそうな気はするんですけど、どうなんでしょうね。ただ、私の場合、内窯も剥がれてきてるんでさらに金をかけて修理というのも・・。

上記を販売しているところは、楽天市場の「でん吉」というところです。他の保守部品も扱ってたりするので、修理したい人は要チェックかも。

私がやってみた方法


部品(パーツ)を見てみても、プラスチックのツメ(へこみ)の部分で支えているような構造になっているんだけど、かけてるとかそういうのがないので、なぜ落ちてくるんだろうか?っていう部分がよくわからず。

で、ゴム部分の劣化?とかかなぁということで、小さめの輪ゴムを使ってみるとなんとなく装着感がいい感じに・・・。とりあえずしばらく様子身ということで・・・。

もしかすると「パッキン交換」が定期的に必要とかそういう話なのかもしれません。


あと、掃除がてらに隣のパーツをとると、なんとツメ(凹み)の部分が欠けてるんですよ。3か所で支える構造になっているので1か所なら耐えれそうな雰囲気ですが・・・。

ということで、竹串を半分に切断して、それをまげて瞬間接着材でつけてみました。まあ、ないよりはマシでしょうということでこっちも様子見。

追記:2015/11/27
落ちなくなったので、どうもゴムパッキンの経年劣化だと思われます。
パーツ(部品)に欠けた部分がないのなら、ゴムパッキンを疑うべきかと・・


「内ぶた」ですが洗いやすくするために簡単に取り外せるようになってるので、取り外してパーツを付ければつけやすいかと思います。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。