Windows10初のメジャーアップデートを適用してみた【TH2】


内容は最新版のInsider Previewと同等だが、リリース版と比較すると、主なものとしては起動時間の高速化、コルタナにおけるペンの手書き文字認識やユーザーの行動の追跡などの高機能化、Edgeブラウザの性能/機能改善などが挙げられているが、日本のユーザーにとっては、日本語版でもコルタナが利用可能になった点が大きいだろう。
Windows 10初のメジャーアップデートが一般公開 ~日本語版でもコルタナが利用可能に - PC Watch


Windows 10 初のメジャー アップデートを本日公開 | Windows Blog for Japan


田->「設定」->「更新とセキュリティ」->「更新プログラムのチェック」をして見つかれば更新することができます。出てこない場合は待つしかありません。まあ一般ユーザーはそもそもあまり意識してないと思います。私は、昨日の夜にやりました。

・レッツノート AX2 (Windows8.1->Windows10->今回)
・Lenovo G560 (Windows7SP1->Windows10->今回)

このアップデートなんですが、Windowsの入れ替えしてるんじゃないの?という雰囲気がしました。Windows10にアップデートした時のような作業中画面が出てきりして思っていたより時間がかかりました。1時間程度は見ておいたほうがよさそう。

最終画面あたりに、「ファイルが元の場所にあります」みたいな文言も出てきて、安心はできましたけどね。

上記2つをアップデートしたのですが特に大きな問題はないかと思います。
ただし、Lenovo G560のほうはドライバーを入れ替えられてました。あまり妥当でないドライバーが適用されていたので自分で違うドライバーに入れ替えたのですが、また元の系統のドライバーに入れ替えられてました。

つまり、単なるアップデートでなくてドライバー関係も入れ替え?見直すみたいなことをしてそうです。
これって、明らかにWindows(OS)のアップデートのノリ。

Windows7/Windows8.1からアップデートする人は初めからこのバージョンのWindows10になるようです。

適用されているかどうかの確認方法


コマンドプロンプトを立ち上げるのがわかりよいと思う。

適用前:10240
適用後:10586

バージョン表示のところを見ればわかります。

コマンドプロンプトを起動する方法 【Windows7/8.1/10,管理者権限】

一部、設定が初期化される可能性がある?!

Windows10のメジャーアップデートをしたら、以下のようにいろいろと初期化されちゃって、元に戻すのが面倒でした。

無理矢理入れた本来はWindows10非対応のRoland SonicCellドライバ
拡張子の関連づけのうち、自分で明示的に設定したもの
WiFiへの接続パスワード
Windows10のメジャーアップデートでいろいろ初期化されちゃって面倒でした – メタスキーマウェブサイト


当方のLenovo G560も、ドライバーが入れ替わってしまってるのでそのあたりは気を付けたほうが良いのかも。
Windows10アップデートしたときに自動で適用されたドライバーが調子悪いので、手動で入れ替えた場合とかは・・・。

今回のメジャーアップデートでは,例によって「ロック画面のNumlockが外れる」という現象が再発。こちらは以前書いたとおり電源設定の高速シャットダウンを無効化することで復旧します。
認証関係ではMS OfficeとJUSTSYSTEMのATOKが再認証(シリアルキーなど入れ直し)が必要になりました。
それ以外にも不具合は出てくるかも知れません。
Windows10 メジャーアップデート不具合: 論外なおちゃん


更新自体ができない場合がある

Windows10で更新プログラムがインストールできないというトラブルが起きている人がいるそうです。



この大型アップデートに限らず、Windows10のWindows Updateで上手く更新ができないというトラブルがあるそうなので、解決策をまとめてみました。


ぼくのパソコンも、何度も更新プログラムのインストールに失敗していたのですが、再起動をして夜中にインストールをしたらうまくいきました。
Windows Updateに失敗して更新プログラムを利用できないときの対処法 - ジブンライフ


今回のアップデートで実はLenovo G560が初回うまくいかなかったのですが・・。

・PCを再起動をしてみる
・しばらく時間をおいて、再度試してみる

をすると、最初からアップデートをやり直してくれました。

Windows10 Homeの場合、すぐにアップデートをかけておきたいとかいう利用方法には向いてない気がします。
今回のアップデートは時間がかかるので、深夜のうちにすましておきたいとおもってやったんですが込み合ってるのかどうかわかりませんがなかなかこっちの思惑通りにはいかない感じ。

WindowsUpdateは良いんだけど、しばらく使えない時間が発生するとかはちょっと家庭でもこまるかなぁと思う。

不具合情報

ESET製品をご利用の Windows 10 環境において、2015年11月12日より順次配信が開始されております、Windows 10 のメジャーアップデート(ビルド番号 10586)を適用した際に、ESET製品に以下の不具合などが発生する可能性があります。
ウイルス・スパイウェア対策機能が無効になる
ESET製品のアイコンが表示されなくなる
一部の Windows 10 環境でOSのメジャーアップデートをおこなうと、ESET製品が正常に動作 | ESETサポート情報 | 個人向け製品 | キヤノンITソリューションズ



Windows Update関連のイベントで 0x8024200D というエラーコードが1回、かつWindowsを再起動する度にソース Service Control Manager で 7031 が発生して、TH2のアップデートに失敗するということがあった。

これはシステムの保護を無効にしてから再起動したらうまくいくったのだが、なんとなくもうこのPCはハードウェアが壊れてかけているような気がしないでもない。
Windows10 TH2 の更新に失敗する - やぎさんはわらばんしをたべる

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。