Let’s note CF-AX2のファンがうるさい(爆音)ので、何とかしてみた

試す場合は、自己責任でお願いします。
CPUファンの軸のあたりに、油(グリス)をさすみたいなことをして、対処する方法です。

静電気には注意してください。手を金属などにふれて、静電気を逃がしてから触ったほうが良いです。

1年少し過ぎた頃に、ファンが時々うるさいことに気づきました。たぶん、ファン軸がずれてるような感じがします。うるさいというか、はっきり言うと、壊れたんじゃないか?というほど爆音です。無料修理してほしいぐらい。

ただし、CPUファンは低速な時は音がしないようなので、少し時間がたてば静かになっていたのでそのままにして使ってました。僕の感覚では安物じゃないので、裏蓋開けて作業するのが怖かったというのもあります。

用意するもの


今回は、「潤滑グリーススプレー」を使用しました。ダイソーで購入しました。左側の緑色のやつがそうです。以前、Lenovoのファンを修理したときは、「潤滑グリーススプレー」が売り切れていて右側の「潤滑防錆スプレー」を使用しました。

参考:ノートPC 「Lenovo G560」のCPUファンがうるさくなった場合の修理方法 【異音、騒音】

分解して、潤滑グリーススプレーをCPUファンに


分解は簡単です。ネジは合計19本です。

赤矢印の2本だけ大きさが違って、ほか17本は同じ大きさです。
青色のネジは外す必要がありません。

緑色のところに、封印シールが貼られていて、これをはがさないと開けることはできません。剥がすと文字が現れるタイプのやつで、私は見苦しくなるような気がしたので、剥がさないですこし浮かせた状態ではさみで切りました。


裏ぶたを開けるとこんな感じです。
CPUファンを取り外すには、基板の裏側のほうのネジを外さないと無理なようで、この状態では外すことができません。自信がなかったので、今回はこのまま作業しました。

他のサイトで裏面をみるとCPUファンの下にはなにも部品がない感じだったというのと、今回は、粘度の高い潤滑グリースを使うので、下にたれないだろうと考えたからです。


ファンを軽く抑えると、中心部とファンとの間に隙間ができるので、そこからスプレーで潤滑グリースを吹き付けます。はみ出た部分は、ティッシュなどで軽く拭き取ればよいかと思います。

竹串とかでファンを抑えて、中心部の隙間ができたところにスプレーで吹き付けるのがよいかと思います。写真はそうなってませんが、デジカメで手が埋まっているからです。

軸の部分に、うまくグリスが入り込まないとダメなようです。騒音が治らない時は、再度やってみてください。

数日様子をみてますが、爆音がなくなったのでたぶんOKでしょう。
LenovoのCPUファンの場合は1年程度はOKだったので、今度は粘度の高いグリスをつかっているのでそれ以上は持つと思います。

潤滑グリーススプレーと潤滑防錆スプレー


グリース(grease)またはグリスは潤滑剤の一種で、油よりも粘度が高く流動性が無いため常温では半固体または半流動性を呈する。基本的には液状潤滑油にカルシウム・ナトリウム・リチウム・アルミニウムの石鹸(脂肪酸の塩)等の増ちょう剤(増稠剤)を均一に拡散させ、ゼリー状にしたもの。
グリース - Wikipedia


CPUファンに吹き付ける前に、他のもので実際に試せばわかりますが、かなり粘度が高いです。

参考

分解で参考にしたサイト
レッツノートAX2 (CF-AX2) のファンがうるさい! 黙らせてみた|特選街情報 NX-Station Blog
Let’s note CF-AX2 クーリングファンの異音 | 仙台のパソコン修理専門店パソコンお直し隊ブログ

2つめのリンク先で、基板の反対側の状態が写真でわかるかと思います。反対側にネジがあって、そのネジを外すと取れるようです。

レッツノートAX2のファンがうるさい問題

ファンは気になる音が出ます。画面を縦にして使った時は、ケタタマシイ音が出ます。
明らかにファンの軸がおかしいと思います。即日修理サービスに持ち込もうと思っています。
2013/08/23 23:33 [16500416]
価格.com - 『底面が熱くなり、ファンの音がうるさくないですか?』 パナソニック Let's note AX2 CF-AX2QEBJR のクチコミ掲示板


・縦に使った場合は、音がうるさくなることが多い
・CPUファンが高速回転している時だけ、音がうるさい

結構、同じ症状の人がいるような感じなんですけどね。
Panasonicのノートをかって、この件に関してはかなりがっかりです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。