mini USBホストケーブルを自作してみる

ミニUSBという、最近はあまり使われてないものです。で、ホストケーブル(OTGケーブル)が必要になったので余っているミニUSBケーブルで自作してみました。


1 VBUS (4.75 - 5.25 V)
2 D−
3 D+
4 ID
5 GND
ユニバーサル・シリアル・バス - Wikipedia

ピンなんですが、1,5が電流が流れて、1が+、5が-に接続されてます。
2,3が信号(データ)が流れています。
4が、通常のケーブルはどこにも接続されてません。

ホストケーブル(OTGケーブル)の場合は、4,5がつながってます。
ということで、4と5つなげば、ホストケーブルになります。

作り方は、ミニUSB部分のつなぎ目みたいなものがあるので、ラジオペンチなどで写真のように開きます。
で、4と5を半田でショートさせます。
その後、元の形に戻すという風にして作成しました。

ただ、金属部分がうまく戻せないと、機器の差込口を壊す結果になるので、試す場合は、まず壊れても良い機器で試したほうがよいでしょう。

半田はほんの少しで良くて、また根元(奥)側のほうが良いかと思います。

私はなんとかこの方法で作れました。でも、再度作りたいとは思わない作業でした。

Amazon:miniUSBホストケーブル

Amazonでも購入できるんですけど、値段が微妙なんですね。


他の作り方としては、写真のように完全にミニUSB端子の部分を取り出してしまうという方法もあるかと思います。
テスターで結線をしらべると、下段の部分が、1,3,5ピンとなり、上段が2,4ピンになってました。

で4と5をつなげばOKっていうことです。


ホストケーブルですが、片方はUSB(メス)になってないとダメなので、その部分も何とかする必要があります。私は手元に、写真のようなUSB変換を持ってたのでそれを使うだけでした。

なければ、100円ショップのUSB延長ケーブルとかをつかうと良いかもしれません。


参考:
ナビ用のUSBケーブルを自作した:とりあえず残してみよう:So-netブログ
USBホストケーブル: でぶろぐ
無いなら作ろう USBホストケーブル&変換アダプタ | あれなん

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。