洗濯機の「糸くずフィルター」の穴、破れを補修してみた

日立のNW-6AZ (W)という洗濯機を使ってるのですが、付属の「糸くずフィルター」に穴と破れがあって使い物にならないので補修してみました。

でん吉 -楽天市場
Amazon 補修パーツ

今調べると古くても補修パーツが売っていることに気づいたので安心して作業できます(汗)。最近見つけたのですが、楽天市場のでん吉はその手の補修パーツをそろえている感じです。炊飯器の弁とかもありました。

以前調べた時はなくて、生協で買った汎用のフィルターをかぶせるタイプの商品でしのいでいたのですが、どうも無理があるようで・・・。


まず、破れている個所の確認です。

左側:付け根の部分が破れていて、これは致命的な雰囲気が・・。
右側:穴があいてるけど、かなり大きい。


使用したのは、アロンアルファーとナイロン糸です。100円ショップで、以前ミシン用の糸として売っていたの買ったものです。ほぼ透明で、かつ細くてそこそこの強度があります。(強度は、テグスほどはない)


穴は、ナイロン糸で繕いました。
あと、付け根の部分は、ネットの部分を少し折り返して、瞬間接着剤で貼り付けました。

1か月ほど様子をみてますが、これで問題ない感じですね。

フィルター(ネット)の黒ずみ


・酸素系の漂白剤につけ洗いして、天日で干す
・ダメな場合は、カビキラーが有効っぽい

最後、天日で干すと洗った時は残っていた黒い?部分も真っ白になります。日光(紫外線?)の力はすごいですな。


【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。