カシオのEXILIM EX-ZR200を中古で手に入れてみた


・動作未確認
・本体、バッテリー、箱、ストラップ、説明書のみ
・機種名が間違って書いてあった

ヤフオクでなんとなく気になったので落札しました。
動作未確認とかいうのは、なんとなく怪しいですけどね。

あと、この色って写真写りが個人的にはよろしくないなぁとは思います。左下の「HS」の上に「12.5」って数字が入ってるんですけど、ほとんど映ってないですよね。あと、色もワインレッドっぽい感じなんですけど、ヤフオクで見た時は「赤」でした。

バッテリーは、テスターで計測すると0Vでした。カシオのデジカメの充電池って、おかしくなると0Vになるようになってるようです。で、端子に直接5Vぐらいの電圧をかけると復活するようです。(リチウムイオン充電地は、復活させることは可能か?!

あと、それで電源が入ったのですが、今度はレンズに接着材みたいなものが付着してました。やられたとおもって、ウエットティッシュで拭いても取れません。ダメもとで、無水エタノールで拭いてみたら綺麗にとれました。

運が良かったということで結果オーライです。

全体的に非常にきれいで、個人的な感覚では新品ですみたいな感じです。液晶も保護シート貼ってるわけでもないのに傷とかもなく、キレイ過ぎてもったいないぐらい・・。

機能について


動画:FHD(1920x1080 30fps) / HD(1280x720 15fps ※) / STD(640x480 30fps) / HS 1000(224×64 1000fps)/ HS 480 (224x160 480fps) / HS 240 (512x384 240fps) / HS 120 (640x480 120fps) / HS 30-240 (512x384 30fps・240fps切替式) / HS 30-120 (640x480 30fps・120fps切替式)
EX-ZR200 仕様 - デジタルカメラ - CASIO


気になったのは、ハイスピード撮影(動画)の機能なんですね。仕様見ると解像度を落とさないとフレームレートあげれないんだけど、それでも楽しめるかなぁと思って入手しました。

あと、某YouTuberが、サクサク撮れるレスポンスの良さとかいうのを実際に見せてたので、ちょっとそういう記憶が残っていたというのはあります。

ただ、ちょっと使ってみた感じだと、癖があるような気がします。カシオのデジカメの癖なのか、それとも私との相性が悪いのかは不明ですけどね。

あと、SONY DSC-HX30Vよりは薄いけど、普通のコンデジよりは厚めだと思います。まあ、軽くて薄いなりにもそこそこ持ちやすいので悪くはないと思います。光学12.5倍(超解像ズーム18.8倍)なので、使い勝手も悪くないと思います。

サクサク取れるというのもその通りなんだけど、撮影後の確認画面を出さない時の話のようです。あと、室外とかの明るい時ほど?、低倍率な時ほど?、サクサク取れます。

手ブレですが、DSC-HX30Vより明らかに弱いと思います。動画での手ブレの効果が低いような気がしますが、少し試しただけなので本来の実力はわかりません。

あと、HDRアートというのが、個人的に何がいいのか理解できないです。

情報

もはやミニ四レーサーの必需品? カシオ EX-ZR200 高速連写チェック!
CASIO EX-ZR200 感想まとめ | Digital Life Innovator
新製品レビュー:カシオEXILIM EX-ZR200 - デジカメ Watch Watch
【レビュー】快速シャッターのEXILIM「EX-ZR20」と「EX-ZR200」で子供たちを撮る (1) 「ストレスのないコンデジ」をいつもポケットに | マイナビニュース

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。