【Windows10】署名なしドライバをインストールする方法

・ドライバーインストール後の対応
・署名なしドライバをインストールする方法

ドライバーインストール後の対応方法をまとめましたので、それをみて、本当に使うかどうかの判断材料にしてください。あと、署名なしドライバをインストールする方法は他のサイトに書いてあるのと同じ手順です。

※Windows10(64bit)を想定しています。

ドライバーインストール後の対応

INFファイル ドライバー本体元の環境
に戻せる
ケース1署名なし署名ありo
ケース2署名あり署名なしX
ケース3署名なし署名なしX


Windowsを安全に使えるのはケース1だけで、ケース2・ケース3ではWindowsの設定を変更したままで使う必要があります。

ケース1
・INFファイル 署名なし 
・ドライバー本体 署名あり

このケースでは、ドライバーをインストールした後は、元のWindowsの設定に戻して利用することができます。INFファイルはインストールするときだけに必要なファイル(情報)なので、その後は必要ないからです。元のOSの設定に戻しても、ドライバーの読み込みは、ドライバー本体のみで、その本体に署名があるので問題なく動作します。

ケース2、ケース3
ケース2はあまりないと思いますが・・。

元に戻せるか?
UEFIのセキュアブートo
Windowsをテストモード
WindowsS起動オプション
「ドライバ署名の強制」を無効
スマートスクリーンo


・常時利用したい場合 => Windowsをテストモードままで利用
・一時的に利用したい場合 => OS起動時に「ドライバ署名の強制」を無効化

利用形態としては上記のようになるかと思います。
テストモードか、「ドライバ署名の強制」を無効化のどちらかが有効でないと、ドライバーがロードされません(その機器は使えません)

追記:2016/09/24
>テストモードか、「ドライバ署名の強制」を無効化のどちらかが有効

この状態では、署名なしのドライバーが勝手にインストールされる恐れがあり、セキュリティ的に危険です。

署名なしドライバをインストールする方法

1.UEFIのセキュアブート(PCのBIOS設定)
2.WindowsをテストモードをONに
3.WindowsS起動オプションで「ドライバ署名の強制」を無効にして起動
4.スマートスクリーンをOFFに

上記の設定を終えると、署名のないドライバーをインストールできるようになります。

C:\WINDOWS\system32>bcdedit /set TESTSIGNING ON
要素データを設定中にエラーが発生しました。
この値はセキュア ブート ポリシーによって保護されているため、変更または削除できません。


2から始めて、上記のエラーが出る場合は、1の設定が必要だと判断してやればOKだと思います。

1.UEFIのセキュアブート(PCのBIOS設定)

メーカーの起動ロゴが表示されている時に、[F2]などのキーを押すと立ち上がることがほとんどです。どのキーかは取説などを見てください。

2.WindowsをテストモードをONに
2-1 Windows10の場合、スタートボタンを右クリックするとメニューが出てきて、「コマンドプロンプト(管理者)」を選択してください。
参考:コマンドプロンプトを起動する方法 【Windows7/8.1/10,管理者権限】

2-2 テストモードをONにします

C:\WINDOWS\system32>bcdedit /set TESTSIGNING ON
この操作を正しく終了しました。


「bcdedit /set TESTSIGNING ON [改行]」を打ち込んで上記のようになればテストモードになっています。

元に戻すには、「bcdedit /set TESTSIGNING OFF [改行]」を実行してください。

3.WindowsS起動オプションで「ドライバ署名の強制」を無効にして起動
※ 画像は、3-4あたりから

3-1 スタートボタンを押し、「設定」をクリック
3-2 更新とセキュリティ -> 回復 
3-3 「PCの起動をカスタマイズする」から、「今すぐ再起動する」ボタンをクリック
3-4 「オプションの選択」で「トラブルシューティング」をクリック
3-5 「詳細オプション」をクリック
3-6 「スタートアップ設定」をクリック
3-7  キーボードの「7」を押す

これで、次回起動時は、 「ドライバ署名の強制」を無効の状態で起動します。再起動すると元に戻ります。

4.スマートスクリーンをOFFに

コントロールパネル->セキュリティとメンテナンス->Windows SmartScreeen 設定の変更で変更します。「Windows SmartScreeen 設定の変更」は左の欄に出てきます。

情報源

Windows10で署名なしドライバをインストールする方法

手順はここが一番分かりやすかったです。あと、なぜそれをする必要性があるのかも分かりやすかった気がします。

win10も上記のドライバーでいけるかと思ったのですが、win8以降はドライバーにデジタル署名が無いと通常インストールできません。
強制モードでインストールしても再起動すると無効化されちゃう。
で、結局たどり着いたのが下記方法
windows10 その2|裏庭Works|ブログ|ぶろ|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。