トヨタ 2000GTの美しさを写真に撮ろう 【アシェット 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24】

ブログタイムズ[ PR by BLOGTIMES ]

国産名車コレクション スペシャルスケール1/24

発売日: 2016年8月30日(火) *地域によって発売日は異なります
価格: 創刊号特別価格 本体1,203円+税、第2号特別価格 本体2,777円 *3号以降は、本体3,703円+税

全国の書店・商品ウェブサイトで発売
http://www.jpc24.jp/
創刊号は、「トヨタ 2000GT」です。トヨタ 2000GTって昭和時代の車ですが、今見ても美しいですよね。個人的には、トヨタ 2000GTが美しいと思う人は、買うべきだと思います。飾って、いろんな角度から見ても美しいです。


車体の重さは、約350gありました。ミラーレス一眼の本体ぐらいの重さですね。車体の大きさは、横幅はスマホと同じぐらい、縦はスマホの1.5倍(18cm)ぐらいの大きさでした。そこそこの大きさなので、ラインの美しさなど写真に撮りやすいと思います。

写真に撮ってみた


台座と車体はねじ止めされてますが、裏面のねじ4本を外すと分離できます。車輪は動きます。台座はありますが、クリアケースの上蓋とかはありません。


この角度からみるラインが、一番美しいような気がします。


ワイパーとかもちゃんとついています。ワイパー部分は金属で曲がりやすいので、気を付けたほうが良いかと思います。


内装もありました。アクセスやブレーキとかもありました。100円ショップで買ったLEDライトで照らして撮影しています。


ドアは開きます。あと、リトラクタブルヘッドライトも再現されていて、可動式になっています。


LEDライトで照らすと、ライト部分がそれっぽい反射します。動画撮影ではそうしているので、興味ある方は動画を見てください。


どの角度からみても美しいです。写真だときりがないので、いろんな角度から動画で撮影してみました。

動画で全方向からの美しさを撮影してみる


横方向からの360度分は撮影しました。どの角度から見ても美しいのがわかるかと思います。

1/24スケールは、良いかも

1/24スケールの場合は、全長が約18~21cm程度になるようです。

・飾るのに、大きすぎず小さすぎず
・写真撮影しやすい大きさ
・金属ボディ(質感と重量感)

この大きさだからできる精巧さというのがあるようで、写真に撮りたい場合は特に良いかもと思いました。それとは別に、「トヨタ 2000GT」という車は美しいので個人的にはお勧め!!

■参考(トヨタ 2000GT)
世界の名車<第76回>見飽きることのない美しさ「2000GT」 - 小川フミオのモーターカー - 朝日新聞デジタル&M
Nostalgia-Cars トヨタ・2000GT・前期型トヨグライド(Toyota 2000GT - MF10型 - 1967年)
トヨタ2000デザイナー「畔水記念館」 | 佐賀おでかけマップ | まいぷれ[佐賀市]

次号以降の車種と特典について

2号:日産 スカイライン 2000GT-R(ハコスカ)
3号:ホンダ S800 (エスハチ)
4号:マツダ コスモスポーツ
次号以降は、上記のようになるようです。個人的には、コスモスポーツもいいんじゃないかなぁと思います。

特典1: トヨタ 2000GT (1967年 富士24時間耐久レース仕様)
特典2: マツダコスモスポーツ (1968年 ニュルブルクリンク 84時間耐久レース「マラソン・デ・ラ・ルート」仕様)
あと、定期購読すると特典があるようです。

そのあたりも含めて、興味ある方はhttp://www.jpc24.jp/で確認してみてくださいね。
[ PR by BLOGTIMES ]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。