電源タップ(OAタップ)を分解・清掃してみた

試す場合は、自己責任で!!

・昔、流行したスケルトンタイプ
・OAタップ
・電源ボタンあり
・ブレーカー?あり(使いすぎると、電源が自動で切れる)

10年以上前から使っている電源タップなんですが、中にホコリとかたまってやばいことになってるんじゃないの?と思ったので、分解して清掃してみました。

表面も微妙にほこりまみれなので、急にきになりました。



裏面はこんな感じ。
会社概要 | ユアサプライムス株式会社

たぶん、この会社の商品ですよね。


裏面のねじを外すとこんな感じで取れます。ホコリとかもほとんどなく、キレイでした。



中身を取り外したところ。今気づいたんですが、コンセント穴が使わない時はふさがってるんですね。


分解したところ。外枠のオレンジの部分は、食器洗い用の洗剤でキレイに洗いました。中がキレイだったので、まあ大丈夫だろうと思うので、気分よく使い続けることにしました。


コンセント穴の部分の機構はこういう感じになってました。たぶん、これだけでほこりの混入を防げてしまうんですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。