スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方 を読んでみた【高村 友也】


お勧め度:(2.3点)

高村 友也 -Amazon 氏の本ですね。3冊書いておられて、そのうち2冊は以前読みました。

「Bライフ 10万円で家を建てて生活する」を読んで、考えてみる【高村 友也】
「僕はなぜ小屋で暮らすようになったか」を読んでみた【高村 友也】

「スモールハウス」は微妙かなぁと思う。僕自身がちょっと熱が冷めたっていう部分もあるけど、それとは別に、なんかドキドキ感がないんですね。

・海外事例の紹介(タイニーハウス)
・作者の講釈(ウンチク?)

内容的には9割がYoutubeに載ってるスモールハウスの投稿者にメールで許可を取って掲載したという感じかな。
大概のはすでにYoutubeで閲覧済みだったので、店頭でページめくったら買わなかったと思います。
Amazonレビュー


たぶん、Bライフのシンプルな暮らしっていうのは一緒でも、見た目がおしゃれで小奇麗でないというのがあると思う。タイニーハウス系って、小奇麗でおしゃれなんすね。たぶん、本当は思想的に違うんじゃないかなぁと思う。

金持ちが娯楽でスモールハウスするのと、生活の拠点としてのスモールハウスは・・・。

まあ、ありがちですよね。田舎生活でも・・・。数日だけ過ごす田舎生活と、地もとに根付いた田舎生活とでは違うだろうなぁという感じではと思う。

一緒に見える人は、この本も楽しめるんじゃないかなぁと思う。


高村 友也氏ってこんな人なんですねというのを写真で見れたのは良かったかも。

寝太郎ブログ

作者のブログは上記。
あと「Bライフ」に影響をうけて、実践しているらしい人のブロクも愛読してます。今は作者のブログより、そっちの方が興味ある。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。