扇風機の土台部分を分解してみる

なんか、振ると音がなるので、土台の部分を分解してみました。中身を見た感じでは、スイッチボタンのスキマあたりから、小さなゴミが入っただけだったようです。


分解してみると、こんな感じでした。意外と中がキレイでびっくりしました。底板だけ水洗いしました


タイマー部分とかはこんな感じです。あまり壊れそうな要素はないみたいです。


扇風機のモータ部分?はこんな感じです。隙間からホコリが見えるので、掃除機で吸い出す程度でなにもせず。

長期使用(10年以上)している古い扇風機から出火する火災が起こっています。

・長期使用によりコンデンサーが絶縁劣化を起こし、温度が異常に上昇した為、コンデンサーから可燃性ガスが発生し、発火した事例
・モーター軸受部の潤滑油が消耗して、モーターが回転できなくなった為、モーターのコイルが過熱してショートし、発火した事例

そこから樹脂カバーに着火して、壁や天井、扇風機の下に敷いていた座布団や畳、フローリングなどに燃え移り焼失する火災が起きています。  

扇風機燃焼実験の動画1 (11.6MBytes)
扇風機燃焼実験の動画2 (13.6MBytes)
独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE) 提供  
扇風機による火災に注意しましょう | 交野市


発火するとしたら、やっぱりモーター部なんだろうなぁ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。