【レビュー】アシェット 週刊「立体パズルと思考ゲーム パズルコレクション」創刊号を見てみる

ブログタイムズ[ PR by BLOGTIMES ]

このシリーズは立体パズルとマガジンがセットになっており、毎号、子どもから大人まで年齢に関係なく、それぞれのレベルに合わせて楽しめるパズルや思考ゲームを紹介していきます。
立体パズルと思考ゲーム パズルコレクション:ホーム | アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社


2月15日(水)に発売予定の週刊「立体パズルと思考ゲーム パズルコレクション」創刊号(アシェット・コレクションズ・ジャパン)を事前にいただけましたので、レビューしたいと思います。創刊号は、499円(税込)です。

・木製である
・パズルとして遊べる
・オブジェとして飾れる

私がいいなと思ったのは上記の3点ですね。オブジェとして飾っておけるような工夫もされていると思います。個人的に、木製製品大好きなんで特にそう思います。

立体パズルに挑戦してみた


No.1 キューブの中のキューブ:[どんなパズル?]3Dのパズルを組み立てます。T字型のピースをテトリスのように組み合わせていき、ひとつのキューブを完成させます![難易度]★★★[サイズ]5.5×5.5×5.5cm
立体パズルと思考ゲーム パズルコレクション:ホーム | アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社


創刊号についてくるのは、「キューブの中のキューブ」という立体パズルです。実際に物差しで測ってみても、1辺5.5cmでした。光の当たり加減とかで少し見え方が変わって、オブジェとしても楽しいかなぁと思います。


立体パズルに挑戦する前に、念のために全方向から写真を撮っておきました。こういう木製製品好きなんですが、パズルはちょっと苦手なので、写真とかあるとあとからヒントになるかと思いまして・・。


3ピースだけ崩してみるとこんな感じです。凸型のピースはこんな感じです。ピース同士がぶつかる、カチカチという木の音?も結構僕の好みです。触った感じの質感はよいと思います。



公式のYoutube動画にも、立体パズルの「キューブの中のキューブ」が登場するので、雰囲気がわかるかと思います。実際、挑戦してみたんですが、2晩やってみてもダメでしばらくかかりそうです。まあ、予想してたので、先に写真だけ取っておきました。


崩す前にとった写真がこれです。角の部分がとれていて、こういう感じに設置できるようになっています。こういう感じで斜めに置いたほうが見栄えがイイのはあるけど、パズルの部分が安定するのでオブジェとして設置しやすいと思います。底面に両面テープを貼って、固定してもいいかもと思います。

付属の本(冊子)について


毎号、子どもから大人まで年齢に関係なく、それぞれのレベルに合わせて楽しめるパズルや思考ゲームを紹介していきます。すべてのパズルや思考ゲームに示された、星の数で表した難易度を参考に、お好きなものから楽しんでください。
立体パズルと思考ゲーム パズルコレクション:ホーム | アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社


本(冊子)の方には、写真のようにパズルや思考ゲームが掲載されているので、そちらも楽しめます。

定期購読と特典ついて

Q.17 最終号は何号ですか?
A.17 120号までの予定です。


定期購読も可能ですので、興味ある方は「立体パズルと思考ゲーム パズルコレクション」でご確認くださいね。定期購読の場合は、特典があるようです。

定期購読の前に、創刊号を購入して確認するというのもありかなぁと思います。

・難易度の確認
・木の質感の確認

はできるかと思います。「キューブの中のキューブ」は★3の難易度なので、実際の難易度を知るのにはちょうどいいかなぁと思います。まあ、そのための創刊号価格なんでしょうけどね。

[ PR by BLOGTIMES ]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。