地デジチューナー DIR910をいまさら試してみる【DXアンテナ】


※写真の透明のテープは、養生テープです。

知人に譲った「DY-STB250」が数か月前に壊れました。「DY-STB250」の方は、電源ランプがつくが、映像とかが出力されないという現象で、ネットで調べる限りでは電源回路系がダメになったらそうなるらしいです。こんなの10年は壊れないものだと思ってたのに・・。壊れたものは引き取ってきたので、暇なときに中身を見てみようと思います。

で、その代用品として「DIR910」をリサイクルショップで手に入れました。どこ経由か不明ですけどどうも大量に入荷してるみたいですね。新品でなくて中古です。1500円弱でした。


現物はこんなのです。白色で個人的には好きな感じです。未使用には見えないのに黄ばんだりしてないところをみると、イイ感じだとは思います。あと、全体的にコンパクトです。

無地の専用の箱に入ってるので、業者(企業)経由で流れてきたものじゃないかなぁと思います。


ビデオ端子で接続します。あとリモコンは小さく見えるけど、別に使いづらいわけでもなくてマトモでした。


リモコンが対応しているTVメーカーはこの表のとおりです。リモコンの「テレビ電源」ボタンを押しながら、表示数字を押すと設定できます。

・音量
・消音(ミュート)
・テレビ側の電源
・テレビ側の入力切替(ビデオ1、ビデオ2、TV)

このあたりが、地デジチューナーのリモコン側で操作できるようになります。


知人宅のTVは長持ちするなぁと思って、製造年月のシールをみたら2007年でした。思ってたよりは新しかったです。でも10年とかですよね。

あと、知人の話では近頃はブラウン管のTVはリサイクル業者?とかでも引き取ってもらえないようです。液晶でないとダメだっていわれたそうです。地デジ切り替えの時期には、無料で引き取ってくれる業者がゴロゴロあったけど、時代の流れなんでしょうかね。

地デジチューナー DIR910の情報

■リモコンの設定関係
新着情報|DXアンテナ
■取扱説明書
製品情報|DXアンテナ
取扱説明書(PDF)- DIR910(4495-3).pdf
外観図(PDF)

取扱説明書はメーカーのページにあるので、説明書がなくてもなんとかなると思います。
あたりまえですが、手元にある紙の取説と内容は同じでした。

設置して少し使った感じ

・リモコンは普通
・視聴予約はできない
・字幕(放送?)は表示できる(切り替え方法がちょっとわからず)
・ズーム機能はある
・チューナーの電源をいれてから表示されるまで5-10秒ぐらいはかかる?
・チャンネルの切り替えは2-3秒はかかる?

安い系の地デジチューナーでは普通だったと思うけど、記憶がないのでわからず。知人は特に何も言ってなかったのでそんなものなんでしょう。

いまさら地デジチューナーを買う人がいるのかどうか不明だけど、まあ参考になれば・・。安いとはいえ、使えなかったらゴミなので。
もうどこも製造してないみたいで、店頭では見かけないので、中古しかないのかなぁとは思います。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。