2017年4月末現在の「0 SIM」君の実力について


月間でのお申し込み数を「7,777」枚までとさせていただきます。
0 SIM | nuroモバイル


4/29 8:30現在では、残り1,114枚なので、契約したい人は契約できるみたいですね。
現状の「0 SIM」君なんですが、これ人に勧めるのは微妙というか難しいですよね。

サービス当初と違って、遅すぎるというのがすべての原因なんだと思うんだけど・・。

僕の場合

・Googleマップ(ナビ、徒歩用)
・Yahooメール(アプリ経由)
・スギ薬局のクーポン(アプリ)
・Google検索
・ブラウザでWebページを見る =>絶望的・・・
・ポケモンGO =>無理 ログインできない

こんな感じですね。東京に行った時も、GoogleマップもYahooメールも問題なく使えました。ただ、Webページを見るのは絶望的な感じですね。待てば表示されればいいけど、待っても無駄な雰囲気が・・。あとせっかく東京なので、ポケモンGOを立ち上げようとしたけど、無理でした。

スギ薬局のクーポンは、レジに並ぶ前に表示させておかないとその場では無理なぐらい遅い。

LINEは使えるの?!

奥さん用にデータ専用SIMを契約してから4ヶ月がたちました。奥さんは通話にはガラケーをもっているのでLINEだけが使えればいいということで0 SIMを利用しています。
データ通信500MB以内なら0円なのでポケモンGOもぼちぼちと遊んでいて、今レベル22だそうで。通信無料、無課金のオールタダで楽しんでます。

ときどきポケモンGOが止まることはあるみたいだけど、日常的にLINEを使う程度なら問題はありません。(止まるのはスマホの性能不足?)
「0 SIMはそこそこ使えるでしょう」と判断しました。
2017/1/7 :0 SIMの音声通話対応プランに申し込んでみた


・ポケモンGOにサインインできない
・AMAZONのが開けない
・株アプリにログインできない
・ツムツムにログインできない



重要度が高いのはgmailとLINEだけ。
どちらも、画像とか送るわけではないので、連絡手段としては問題なく使えています。


下手するとクーポンとか出せなくなることも考えられます。重要な場面での利用はおすすめできません。いまのところ、ナムコアプリ(ゲームセンター)のクーポンは問題ありません。
2017/3/22:通話SIMにして良かった「0 SIM」


上記を見る限りでは、LINEはたぶん、なんとか使えるんじゃないかなぁとは思う。
クーポンは、本当に重要な場面では気を付けた方がよさそうだと思う。

調査データ

調査条件は以下の通り。

計測端末:ZenFone 3×2台
計測アプリ:RBB SPEEDTEST
計測日時:3月29日(水)18時~、3月30日(木)9時~、12時10分~
計測場所:アイティメディア社内(東京都千代田区紀尾井町)
計測回数:下りと上り3回ずつ(平均値を掲載)



一方で桁違いに苦戦していたのは、下り0.21Mbpsだった「0 SIM」。0 SIMは、2016年12月~2017年2月のテストで、午前、午後、夕方の下りが0Mbps台と不調が続いているが、3月もその傾向は変わらない。上りは6Mbps強出ているので、SNSへの投稿が主な用途なら問題ないかもしれないが……


0 SIMは、RBB SPEEDTESTアプリのサーバに接続できず、下りも上りも測定できなかった。試しにChromeを立ち上げてみたが、Google検索すらできなかった。これではモバイル回線に接続できない状態と大差なく、非常に厳しいと言わざるを得ない。


0 SIMはここでも測定不能という厳しい結果に終わった。24時間使ったわけではないので断言はできないが、深夜や早朝などの限られた時間帯でなければ、まともに通信をするのも難しそうだ。
昼だけでなく夕方も苦戦するサービスが続出――「格安SIM」19サービスの実効速度を比較(ドコモ&Y!mobile回線3月編) (2/2) - ITmedia Mobile

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。