足踏み空気入れの修理【足踏みのプラッチック部分】


こういう小型の「足踏みミニポンプ」という名前の自転車用の空気入れを愛用してたのですが、フットべダルの部分が割れてしまいました。この部分、プラスチック樹脂?みたいなものでできてるんですね。


こんな感じで割れてます。今でも似たようなものが販売されてるようなので、この部分が壊れやすいということで記事にしておきます。

使用する接着剤




接着剤には、ウルトラ多用途SUとかいう写真で言うと上側のものを使いました。調べたらわかると思うのですが、結構強力なので便利です。今までは100円ショップの下側のボンドを使用しました。こちらも悪くないんですが、力がかかりやすいところ、水にぬれるようなところではダメな感じです。

接着してみる


接着剤を大目に塗って、元のようにはめ込みます。割れ方が良かったようで、断面が台形型に割れていました。台形なので、ペンチなどをつかって力ずくではめ込まないと元に戻らなかったのですが、はめ込み型になっているので接着剤が乾けばそこそこの強度を保つんじゃないかなぁと思います。


こんな感じで、ほぼ元通りになりました。上面に何か貼り付けて強化したほうがよいのかもしれないけど、次回壊れた時に考えるとということで・・。

強化した

追記:2017/07/21

やはり強度的に難があるのと、前から踏む面が小さいので不便だったので、空き瓶の蓋を使って強化してみました。


大きさがぴったりなのが見つかったので、これを使いました。


ただ、はめ込むだけです。


ただ、直径が少し大きくなるので、こんな感じにしか止めることが出来なくなりましたが、まあ実用上は問題ない感じです。


足踏みミニポンプ




小さくて便利なんですが、やはり耐久性に難ありでしたね。軽いし小さいし、マンション暮らしには便利だと思います。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。