「カシオデータバンク DB-310」の壊れやすい箇所について


中古で手に入れたので、壊れやすい箇所について書いておこうと思います。自分自身で撮影してみてわかったんだけど、これ撮影しにくいですね。届いたものをみて、状態が良かったのにびっくりしたぐらいです。

・電話番号が最大30件登録できるテレメモ機能
・ストップウォッチ
・マルチアラーム
・デュアルタイム

電話番号が登録できるのと、日付と曜日の表示が見やすいのが個人的には好きなんですね。


先ず、銀色の塗装部分がはげます。私の場合だど下側の部分からはげました。過去、2、3?回ほど同じなので、使い方によるとは思うけどはげやすいんだと思います。時計の本体部分はプラッチック樹脂に、銀色の塗装をしてるだけなのです。

あと、ベルトとの接合部分が欠けけます。これも過去2、3?回同じです。


かけるのは、矢印の部分ですね。右側のピンみたいなのではめるのですが、穴がかけるんです。ここ強度がもともと弱いというか、構造欠陥のような・・。


仕方がないので、穴をあけて、導線を通して無理やり使っていたりしました。まあ、プライベートでどうでもいい時しかつけれないですけどね。

今まで使ったことなくて、中古とかでこれを手に入れたいと思う人はいないとは思うけど、壊れやすいところは写真でチェックしたほうがよいと思う。で、この個所壊れてる場合は、たぶん何ともできないのでゴミになると思う。

ただ、時計の本体部分は電池を交換するだけで、15年?とかもっているのでそのあたりは頑丈なんじゃないかなぁと思います。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。