【素人ブロガーの写真加工】色かぶりを補正する【電球下撮影、黄色っぽい】

Photoshop で色かぶり補正する方法
無料ソフトで、色かぶり補正する方法 【黄色(青)っぽくなってしまった写真ほか

以前も、似たようなことをしたんですが、僕自身よくわかってないんですね。

PhotoScapeの詳細情報 : Vector
多彩な機能で画像を自在に編集・加工できる画像処理ソフト


PhotoScapeを使って、頭の中のイメージ色になればよいかなぁみたいな。

・色温度
・ホワイトバランス
・色かぶりの除去
・カラーカーブ

使えそうな機能は上記だと思われるので、いろいろ試してみます。


おしゃれっぽい・高級感があるところの照明って、照明自体が黄色っぽい気がするんですね。そういうところでの撮影は要注意っていうのは前回、痛い目にあったのでわかってたんだけど、でも回避方法がよくわからないので、今回も同じ目に・・・。

色温度


「明るさ、カラー」->「color temperature」を選択すると、上記画面になるので、色温度を調整してみます。


いろいろ試してみたけど、このあたりかなぁと思う。

ホワイトバランス


「明るさ、カラー」->「ホワイトバランス」を使ってみます。毎回思うのですが、これが一番簡単で、確実性が高いと思います。ただし、画面の中に、「白」がないと使えない機能なのですけどね。

「STAR WARS」の文字部分を指定すると、まだ黄色っぽい感じになるので、思い切って、柱(壁)の部分(赤矢印)を指定してみると、それっぽい感じに・・・。


仕上がりはこんな感じです。柱(壁)の色が何色だったか思い出せないのですが、真っ白ではなかった気はします。ただ、違和感を感じなければOKなので、これはこれでOKかもと思う。

色かぶりの除去


「明るさ、カラー」->「色かぶりの除去」機能を使ってみます。いろいろやってみたのですが、この写真ではうまくいきませんでした。


これはダメっぽいですね。

カラーカーブ


「明るさ、カラー」->「カラーカーブ」を使ってみます。カラー調整が柔軟にできるので、使い慣れたら便利なのかもと思いますが、僕には難しすぎました。

・青っぽい写真 ->黄色(イエロー)を増やす
・黄色っぽい写真 ->青色(ブルー)を増やす
・赤っぽい写真 ->シアンを増やす
・緑っぽい写真 ->マゼンタを増やす
参考:色補正の基本

理論上は上記のような感じで調整すればOKらしいのですが・・・。
で、ちょこちょこっと調整してみました。


調整してみたのが、これです。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。