Lenovo ノート の電源入らない、バッテリーがおかしい【G560】

追記:2017/08/22
結局、バッテリーを外して利用してます。

先週、再度装着してみたのですが、つけると液晶画面の上側がチカチカ?するとかそういう症状になりました。どうも、劣化した?壊れた?バッテリーを装着すると電圧が不安定になるのでは?と思います。
新品のバッテリーに付け替えてみればはっきりするのでしょうが・・・。

Lenovo G560(Windows10)で起こった現象ですが、調べているうちに、Lenovo系のノートパソコンで起こり得ることなのかなぁと思います。

・バッテリーやマザーボードは壊れない可能性もある
・Windows側の問題の場合もある(Microsoft ACPI-Compliant Control Method Battery)

・電源ランプ(バッテリーランプ)が点滅するのは、何かの異常を示しているらしい。

要約

電源が入らない場合
・電源が入らないのなら、バッテリーを一度外してつけるとOKかも
・バッテリーを外した状態で、ACアダプタに接続して電源をいれる

諦めないで、上記を試してみると電源が入る場合があるようです。
Lenovo G560では、バッテリーなしでも、Windowsが起動できました。

再発しないために、試してみること
01.BIOSの設定を初期化してみる
02.バッテリーリフレッシュ(アプリ)を使ってみる
03.デバイスドライバーの「Microsoft ACPI-Compliant Control Method Battery」を再インストール

おそらく「デバイスドライバーの「Microsoft ACPI-Compliant Control Method Battery」を再インストール」が効果的なんじゃないかなぁと思う。


Lenovo Companion というアプリの「システム正常性」の下の方の「バッテリー」を選択して、画面が切り替わった後のまた下の方に事例集があって、そこに書かれています。すこし説明がおかしいけど・・。

01.BIOSの設定を初期化してみる


Windowsの再起動時にF2キーを押していたらBIOS画面が立ち上がると思う。
現在の設定値は覚えておいてください。

1.「Load Default Settings」で、初期状態に戻す
2.元の設定に設定する
3.「Save Changes」で、設定の保存
4.「Exit Saveing Changes」で、保存して終了

こんな感じで、疑似的にCMOSリセットのようなことをします。
そうすると、不安定なノートが安定することがたまにあります。

このG560という機種は、ボタン電池を外してCMOSリセットは無理そうなので、上記ぐらいしかできません。

02.バッテリーリフレッシュ(アプリ)を使ってみる

Lenovo系のノートの場合、プレインストールされているはずです。Windows10などにアップデートして入ってない場合は、探して入れればOKです、。

バッテリーリフレッシュ(アプリ)を実行させると、バッテリー残量の最大値を現状の劣化したバッテリーに合うように書き換えるという動作を行うかと思います。バッテリーが残量がおかしいとかその系統は、バッテリーリフレッシュすると治る場合があります。

症状
・Windowsから見える現在のバッテリー充電率%(バッテリーゲージ)がおかしい
・LEDの充電ランプが点滅している、赤色だ
・フル充電していて、ACアダプターにつながっているのに、電源が切れる
・フル充電されているはずなのに、20%とかありえない数字だったりする
・バッテリー残量が少ないから、電源を切りますとWindowsからいわれる

など。現象が一定でないけど、バッテリー・電源関係なのは毎回共通している。

G560の場合

laptops and netbooks :: lenovo g series laptops :: lenovo g560 notebook Lenovo PC Support

「電源管理Lenovo エネルギーマネージメント Windows 8 (32bit, 64bit) 8.0.2.20」

Windows10で使っているので、上記から、Windows8用の「電源管理Lenovo エネルギーマネージメント」のアプリをインストールします。Windows10用はないのと、この手のアプリは機種依存なのでこれが最新のアプリだと思われます。

今回はこれを使って、バッテリーリフレッシュを行いました。

03.デバイスドライバーの「Microsoft ACPI-Compliant Control Method Battery」を再インストール



デバイスマネージャーから、バッテリーの「Microsoft ACPI-Compliant Control Method Battery」を探し出して、右クリックでメニューをだして、アンインストールを選びます。その後、再起動させると、再度勝手にインストールされます。

「Microsoft ACPI-Compliant Control Method Battery」の上の奴は、おそらくACアダプター関係のように思われるのでアンインストールしないように!!

【その他】AC端子の経年劣化?!の場合

1週間前、いつも通り使っていたら電源ボタンがピコピコと点滅している事に気付きました。
そして充電ができていない。バッテリー駆動のみ可能な状態です。
バッテリーインジケータが赤く光っています。



結論から言いますと、ACアダプタを繋ぐ電源コネクタのアース線が壊れたヒンジによって切られてしまったのが原因でした。
ノートパソコン G570 ヒンジ&電源修理|カワキドのブログ


アース線が切れている(2本の線のうち1本が切れている)

lenovo G560  Corei5搭載のノートパソコンです。
ご依頼の内容は、『しばらく使っていなかったが、久しぶりに使おうと思ったら電源が入らない』とのこと



バッテリーを接続していると電源が入りません。
な~んだ… と思いテスト用に交換するも、同じ症状で電源が入らなくなります。
どうやらメインボード側のバッテリ回路の不良のようです。
lenovo G560 電源が入らない | 仙台のパソコン修理専門店パソコンお直し隊ブログ


CMOSリセットで治りそうな雰囲気もするけど・・。

上記を読む限りでは、lenovo G560は、バッテリーを外した状態でも、ACアダプターをつなげば起動するようです。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。