ママチャリ前輪のチューブ交換をしてみる【自転車、パンク】

・チューブのサイズは、タイヤの側面に書いてある
 24 or 26 or 27インチ
 太さはママチャリの場合は、1-3/8だと思う

・ナットは14mm
 反時計回り =>緩む、外れる
 時計回り =>しめる、取り付け

前輪がパンクしたんだけど、どうしてもチューブに穴があいてるところが見つからないので、チューブ自体を交換してみました。2,3日で空気が抜けてしまうみたいな感じなので、本当に小さい穴なのかもしれません。

どの規格のチューブを買えばよいのか?


タイヤの側面にかいてあるので、それに合うものを買います。


100円ショップで購入したモンキーレンチでは、ナットが固くて滑って緩まないので、スパナも購入しました。スパナをつけて、木づちでトントンと叩くと緩みました。


チューブはこんなので、本当に取り換えるだけです。



チューブ交換手順

交換手順は、チューブのパッケージとかにも書かれてるかと思います。

取り外し

タイヤを外すときは、タイヤレバーがないと辛いかも。

チューブの取り付け

つけるときは、
・砂などが入り込まないように
・バルブの部分のチューブがうまくハマるように
気を付ける必要があります。

実際にチューブを交換してみた

慣れれば30分かからずに作業はできます。
手は汚れるし、怪我をする恐れもあるので、軍手はした方が良いかも。

取り外し

タイヤレバーは、以前100円ショップで購入したものを使いました。パンクセットに含まれてました。


作業は、自転車をさかさまにしてからやっています。ママチャリの場合さかさまにしたら、安定するんじゃないですかね?

車輪を外す前に、タイヤ部分を外しておいたほうが作業しやすいと思います。タイヤレバーを写真のようにスポークにひっかけます。もう一つのタイヤレバー使って、タイヤを外していきます。


次に車輪を外します。外す前に写真を撮っておくと良いかも。
外側の樹脂っぽいものはカバーで、ひっぱると取れます。


一番内側についているこの留め金で、車輪が外れないようになってるようですね。

取りつけ

取り付けは、車輪を付ける前にやるのがよいかと思います。
チューブは、タイヤの内側に入れ込んでから、はめていくと簡単かと思います。


バルブがあるところは、最初は浅くはめ込んで、矢印のところがきちんとはめ込まれてるのを確認してから、バルブ部分のナットをしめるのが良いかと思います。

リムバンド(リムテープ)

リムバンドが切れかかってたので、ちょうどよい機会なので一緒に付け替えました。普通は付け替える必要がないかとは思います。
ダイソーにも売ってたのですが、ダイソーは24インチ用で、今回は26インチなので違うところで購入しました。


購入したのはコレです。200円ぐらいでした。


バルブ穴のところにドライバーなどをさしてリムバンドを固定して、それから装着すると簡単につけることができます。

参考

買い物自転車の前タイヤ交換 【TAKAよろず研究所】
自転車前輪の取り外し方!ママチャリは簡単なようで難しい? | 彩 on your world

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。