CD/DVDのプラケースで「Raspberry Pi Zero W」用のケースを自作してみる

Raspberry Pi Zero Wが小さくて軽すぎて、ケーブルのねじれとかにまけて安定しないので、急遽ケースを作ってみました。


スリムサイズでなくて普通サイズのもので作成します。邪魔になるので1年ほど前に普通サイズのものは処分してしまっていて、2,3個ぐらいしか残ってませんでした。要らないと思ってもすこし置いておくほうがよいかのかな?!


ホットナイフとか持ってないので、ドライバーをガスコンロで熱して切りました。

出来上がりはこんな感じ。microSDスロット側はあけといたほうがよいかなぁと思います。あと、microSDのはみ出る分があるので、基板ピッタリの容器はダメそうです。


ケーブル関係を接続するとこんな感じ。ケーブルのねじれとかには負けるけど、むき出しでないだけちょっとマシかなぁと思っています。

金かけたら負けかな(何と戦ってるのやら?)と思うのでケースは買いませんでしたが、ケースあるほうが便利だとは思います。

Amazon:アクリルケースカバー 収納ユニット ハウジングシェル クリア Raspberry Pi Zero用
Amazon:2セット  アクリル製 ケース RASPBERRY Pi Zero対応 - 青

Amazonで1個160円ぐらいのケースがあるのをチェックしてたのですが、中国発送なので届くのに時間がかかるので急場しのぎにはつかえませんと・・。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。