結ばなくても良い靴ひも「クールノット」と「キャタピラン」を比較してみた!!


Amazon.co.jp: クールノット【結ばなくてもいい靴ひも】 靴ひも L カモフラ
Amazon.co.jp: CATERPYRUN (キャタピラン) 結ばない靴紐 75cm シルクホワイト

どちらもAmazonで1000円程度(記事作成時:980円送料込)で販売されています。
キャタピランはAmazonのレビューも多いしネットの情報もいろいろあるのですが、クールノットの方は少なめな感じなので記事にしてみました。

特許番号(PAT):5079926

特許・実用新案番号照会(入力画面)|J-PlatPat

参考:特許番号から特許公報を見る方法

両方のパッケージにかかれている特許番号が同じなので、ちょっと上記で検索して調べてみました。


「チューブ状ひも本体を備えたひも」

・同じ特許を使っている
・複数の権利者がいる

そんな感じですね。

「クールノット」と「キャタピラン」の違い


形状は似てるけど、やはり違うようです。

クールノットキャタピラン
コブの形状円形楕円形
コブの数46個50個
長さ75cm(69cm)78cm(73cm)
素材ナイロン
ゴム(Spandex)
アセテート
ナイロン
ゴム
アセテート
生産国Made in CHINAmade in JAPAN
URLhttps://www.coolknot.co.jp/https://www.caterpy.com/


見た目とカタログからわかる範囲で表にまとめました。

標準の状態でもコブの形状が違います。あと、ひっぱってみると、キャタピランのほうが伸びやすくコブの部分がひしゃげた楕円形になって伸びます。素人考えだとゴムの材質の違いかなぁと思います。カタログをみても、一方は「ゴム(Spandex)」でもう一方は「ゴム」となってます。

ブラジャーなどの下着から、水着などスポーツウエアやスラックスなどのアウターへと用途を広げ、自動車シートやメディカル分野まで幅広く使用されている。
スパンデックス - Wikipedia


2009年7月24日に行われた、国際水泳連盟(FINA)の会議において、2010年より水着素材を布地のみに制限するルールが決定された[1]。
これにより、レーザー・レーサーおよび2008年頃に登場したいわゆる「新型水着」のような、ポリウレタンやラバーなどのフィルム状の素材を貼り合わせた水着、および2000年頃に登場した身体の広い面積を覆う水着の着用は、公式大会で禁止されることになった。
レーザー・レーサー - Wikipedia


Spandexというのは、一時期、競技用の水着とかに使われていたものだと思います。耐久性にすぐれているんですよね。

キャタピランは製造上、コブの数、コブサイズ、長さ等に多少のばらつきが生じますが、性能に関しては影響はございませんので安心してご使用ください。


あとコブの数とか長さとか比較してますが、キャタピランのパッケージ裏に上記のような記述があるのであまり意味がないのかもしれません。ただ、コブの間隔は結構重要なんじゃないかなぁと個人的には思います。

実際に装着したときの感触


・ランニング用シューズ
・24cm
・少し幅広

写真のこのシューズを「結ばなくても良い靴ひも」に取り替えてみたいと思います。分かりやすいように、片方ずつ装着してみました。


どちらも穴に紐を通しにくいということはなくて、簡単につけれます。私はコブの数の総数を数えて、コブの数を目安にしてつけました。

クールノットのほうは、4コブずつあけていけば、最後が5コブとかになってちょうどいい感じになりました。

キャタピランの方は伸びやすい感じ&コブの幅が微妙で何個にしたら良いかわからず、3個にしてしまうときつすぎてダメでした。でもあとから少しずつずらして調整が出来たのでやり直しにはなりませんでした。キャタピランの方はコブ5つ感覚でOKでした。

感覚的には、ゆるくゆるく締め付けない感覚で装着するとうまくいくようです。どちらもゴム紐に近いので緩めにしないとダメだということだと思われます。


履いてみるとこんな感じになります。

クールノットキャタピラン
履きやすさ履きやすい履きやすい
履き心地硬い感じ
しっかり
柔らかい感じ
ゆったり


このあたりは、靴のサイズや紐穴の数とか、紐のむずび方(クロスの仕方)でいろいろ変わりそうです。

ただし、「硬い感じ」「柔らかい感じ」というのは、たぶん変わらないんじゃないかなぁと思います。これって、結局、紐(ゴム?)の性質(材質?)がそのまま出てるのではと思います。

僕は、紐はきつめにしめるのが好きなのもあって「硬い感じ」がいいかなぁと思いました。相方は、「柔らかい感じ」の方が好みだって言ってました。

キャタピランのAmazonのレビューをみてもいろいろなので、個人さとか好みの問題もあるのかなぁと思います。優劣でなくて、自分自身にあうのはどっちか?という風に考えた方がよさそうです。

パッケージ


キャタピランのパッケージ裏の説明書。どうもひっぱると、ひしゃげた楕円形になるのは仕様のようですね。ひっぱると、コブの部分がなくなって通しやすくなりますという説明が書かれているので仕様だと思われます。


クールノットのほうはこんな感じ


別途紙の説明書がついていて、紐の通し方が書かれてます。
絞め方なんですが、僕は内側に折り込むのが好みです。

使い込んでみないと、優劣つけがたい感じが・・



Amazon.co.jp: クールノット【結ばなくてもいい靴ひも】 靴ひも L カモフラ
Amazon.co.jp: CATERPYRUN (キャタピラン) 結ばない靴紐 75cm シルクホワイト

1つはジム用、もう一つはウオーキング(ジョギング)用として利用するつもりです。だから全く同じ条件で比較できませんが、なにか問題らしきことがあれば追記したいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。