南部せんべいを食べてみた【小松製菓 南部田舎】


お勧め度:(3.1点)

・硬くない(やわらかい)
・胡麻と落花生の2種類
・胡麻は塩味で素朴な感じ
・落花生は、落花生の香ばしい感じ

1袋(16枚)で、450円ぐらいでした。

検索で調べると、南部せいべいは、硬いものとやわらかいものがあるそうです。これは、パッケージにも書いてある通り「柔らかい」です。柔らかいけど、パリパリしてるので、硬くないという表現の方が良いかも。
たぶん、僕は、南部せんべいを食べたことがないか?硬い南部せんべいしか食べたことがなかったと思います。

これ、そのままでも食べやすいです。


外側の縁(はみ出た部分)?が美味しいんじゃないかなぁと思いました。

白せんべい

小麦粉と塩を混ぜた生地を焼いた、最もシンプルな南部せんべい。
そのダイレクトな麦の味は、せんべいというよりパンに近いイメージ。
シンプルなので何をトッピングしてもおいしくいただくことができる
南部せんべい豆知識 | 八戸市観光情報サイト


白せんべいというのもあるみたいなので、僕の好みはもしかしてこれかも?
食べてないのでわかりませんけどね。


裏面はこんな感じです。

 この模様は「菊水と三階松」と呼ばれるもの。南北朝時代に長慶天皇が八戸地方で食事に困っていた際に、家臣の赤松氏が自身の兜でせんべいを焼き上げ、献上したところ、天皇は感激し「楠木正成※に匹敵する忠節」だとして、せんべいの焼き型に楠木氏の家紋「菊水」と、赤松氏の家紋「三階松」の使用を許した、と言われています。
南部せんべい豆知識 | 八戸市観光情報サイト


この模様はなにか?って調べたら上記がヒットしました。


成分表です。


(1枚当たり)
■胡麻煎餅
カロリー:42kcal
塩分:0.3g
■落花生煎餅
カロリー:90kcal/枚
塩分:0.1g

http://www.iwateya.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。