10年ぶりに新しい「筆まめ」を導入した

・筆まめVer.10 (今までつかっていたもの)
・筆まめVer.28 (今回導入したもの)

たぶん10年ぶりでなくて、18年?ぶりっていう話かも・・。

筆まめver10は、Windows98時代のアプリだと思います。Windows10でもすこし問題を抱えながら宛名印刷してたんですが、さすがに微妙かなぁと思って去年あたりからどうしようか?と思って調べてました。

'99年10月2日より順次発売
株式会社クレオは、毛筆印刷ソフト「筆まめVer.10」を10月2日に6,800円で発売する。旧バージョンからのアップデート版は3,790円。対応OSはWindows 95/98/NT 4.0(SP3以降)。
クレオ、日常の使用をめざした「筆まめ Ver.10」を10月2日に発売


筆まめ Ver.28を導入してみた

・筆まめ10の住所録データは、自動変換されて筆まめ28でそのまま使えた。
・筆まめ10はそのまま残っていて、起動して昔のデータを読みこむことが可能

こんな感じで特に問題なくスムーズに移行できました。


メニューから、保存した住所録を開くをクリックして、筆まめ10の住所録データを選択します。


そうするとこういう画面になります。

・郵便番号の自動変換をOFF
・変換前のファイルをバックアップするをON

で、変換しました。
ざーっとみる限りは、すべてのデータが問題なく移行されているように見えます。年賀状の受け取り記録もすべて引き継がれているようです。

上記のダイアログのメッセージを見る限りでは、筆まめver13以降なら、データファイルの形式が変わってないようですね。
ver12以前の場合だけ変換されるようです。


似た事例

さすがにバージョン格差がありすぎるためか、「筆まめ25」をインストールしても、古い「筆まめ12」は削除されませんでした。(^_^;) アップグレード版パッケージを買っているので、たぶん旧版の使用権は消滅しているんじゃないかと思うんですが、Windows上では共存しています。(まあ残っていても使う意味がありませんけども。ただ、この状態で「筆まめ12」をアンインストールすると、「筆まめ25」で必要な共有コンポーネントみたいなのも削除してしまわないか不安なので、まあ、HDD容量は十分あることですし、そのまま放置しています。^^;)

筆まめの住所データファイルを「筆まめ25」で読ませたときに、ファイル形式が自動変換されたので、その後は「筆まめ12」側では読めなくなりました。なので、なおさら「筆まめ12」を残しておく意味はありません。(※形式を変換するときに、古いデータをバックアップするかどうか聞いてきたので、そこでバックアップしておけば、バックアップ側を古い「筆まめ」で読むことは可能なようです。)
13年ぶりに「筆まめ」をアップグレードした - Sakura scope


Ver.12からVer.25のパターンですね。
Ver.12もファイル形式を変換しないと無理なようですね。


安心して、アップグレードしてよいと思うよ

・「筆まめ」がWindowsのOSのアップグレードで動作が不安定
・住所録データはそのまま使いたい

この場合は、心配する必要はないと思う。

「筆まめ」のライセンス認証、再インストールについて – 某氏の猫空

あと個人的に心配してたのは、再インストールとかがやりにくくなってるかもいうことだけど、たぶんそれも大丈夫そうに思います。

筆まめの購入できる所



公式:筆まめ
Amazon:筆まめ 一覧
楽天:筆まめ 一覧
Yahooショップ:筆まめ 一覧
Vectorショップ:筆まめ 一覧

ヨドバシとか家電量販店の実店舗でも置いてます。
ダウンロード版を購入するのなら、ネットが安くてお手軽かも。キャンペーンとかセールとかやってると、安い時があると思う。

筆まめVer.28のダウンロード版を触る限りでは、ダウンロード版で不都合があるケースはないと思う。
紙のマニュアル欲しいとかそういうのはるのなら、パッケージ版がいいと思う。

当記事で使用している筆まめVer.28(ダウンロード版)は、ソースネクストさんの年賀状ソフト製品説明会(セミナー)に参加して、頂いたものです。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。