広告マグネットを再利用してみる

自宅のポストによく入っている広告のマグネットの意外な再利用方法が目からウロコだった「うちも25枚くらいあるわ」 - Togetterまとめ

表面の広告部分を取り除いて再利用する方法です。かなり前に見かけたものです。実際に試してみました。

今回使用したのは、「水道修理のマグネットシート」です。いつか使おうとおもって、かなりの枚数ため込んでいるんですね。実際にやってみると、いろいろ便利に使えそうな気はします。

表面の広告部分をはがす


お湯に2時間ぐらいつけて広告部分のシールをはがしてみても、白っぽい部分が残ってしまいました。重曹をいれたお湯につけてみても取れる気配がありません。


仕方がないので、掃除用に使っている箸をつかってこすると、写真のような感じで取れていきました。


手間かかったけど、キレイに広告部分はとれました。

シールを貼り付ける


大阪ガスのガス漏れの連絡用の電話番号などが書かれたシールをマグネットに貼り付けてみます。


ステンレス製の食洗器になぜかくっついたので、冷蔵庫よりは目立たないのでそちらに貼ることにしました。

ステンレスには磁石にくっ付くものとくっ付かないものがあります。
鉄にクロムを10.5%以上混ぜたフェライト系ステンレスやマルテンサイト系ステンレス
(JIS400番台)は磁石にくっ付きますが、鉄にクロム18%程度とニッケル8%程度を混ぜた
オーステナイト系ステンレス(JIS300番台)は磁石にくっ付きません。
データベース|磁石はマグネットワールド【株式会社二六製作所】


ステンレスでも、磁石にくっつくものは存在するというのは検索でわかりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。