リモコンの修理【コンデンサーの場合】

試す場合は、自己責任で!!

・リモコンは問題なく動作している
・時々反応が悪い気がする
・電池の残量が十分そうなのに、反応悪い気がする
・短時間に連続して押すと、反応が悪い気がする
・6年ぐらい使用している

TV用学習リモコンでこんな症状です。
前から、コンデンサーが怪しいんじゃないのかなぁと思っていたので、いろいろ調べてみるとその可能性があることがわかりました。

購入して15年もたつと、内部の電解コンデンサーの容量が抜けリモコン操作をしたときの
電圧変動を吸収できなり、リモコンの動作が不安定になります。
【DIY】リモコンの修理: なんでも修理、整備記録


たとえば、こういうのですね。

コンデンサーが原因かどうかの切り分け


コンデンサーをテスターとかで計測したらわかるのかもしれないけど、調べ方がわからないので、こんな感じで調べました。

どこかのブログ記事でやっていてなるほどと思ったので、その方法を試してみました。ブックマークし忘れていてどのブログかはわかりません。

やり方は簡単で、並列につないで、実際の動作を見てみるという方法です。これで、症状が改善したら、おそらくコンデンサーが原因だと考えてよいと思います。実際に半田付けする必要もなくて、並列に接触させて仮固定して確認すればよいかと思います。

プラスマイナス(+-)だけは間違わないように!!

実際に、コンデンサーを付け替える

上記で症状が改善されることが判明したので、実際にコンデンサーを付け替えます。

元:100μF (10V)
新:100μF (16V)

手元に16Vしかなかったのでそれで代用します。 


先ずは、元のコンデンサーを外します。あまり半田ごて温め?熱し?すぎると、基板のパターンが剥がれるので注意してください。私は不器用なので、過去何回かパターンが剥がれて泣いたことがあります。


元より大きいので、こんな感じにつけました。リモコンの下部の部分にスペースがあるので、これで組み立てることが出来ました。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。