SONY 学習リモコンRM-PL400Dを中古で手に入れてみた


・小さいボタンの耐久性が低いらしい
・10年ぐらい前の商品

耐久性に難があるらしいので、中古で買うのは微妙かなぁと思ったのですが1000円ぐらいで買いました。1000円だと、今は中国製の学習リモコンも買えるかどうかみたいな感じです。数年前より値上がりしてますね。

・見た目がまあまあキレイ
・文字は「電源」ボタン以外は剥げてない
・電池ボックスもキレイ

の状態でした。
実際、学習させて使ってみる限りでは、特に問題なさそうな気がするのですが、今後どうなるかは謎です。


これ消せるんですが、ボタンのタッチ音がなるんですね。


電池ボックスの状態はこんな感じ。昔のリモコンなので、単3電池です。
取説みると、充電電池は使えませんと明記されてました。あと、消耗した乾電池をつかうと、学習はできるのに、上部の操作切り替えができないという感じの動作をしました。新しい電池にかえるとちゃんと動作したので、乾電池の電圧だと思います。消耗した乾電池の電圧は、1.35Vでした。

取説とか

取扱説明書ダウンロード | サポート・お問い合わせ | ソニー
メーカー番号一覧表(PDF)

メーカー番号一覧表は、この機種用かどうかは不明だけど、たぶんSONYの学習リモコンで共通っぽいとは思う。取説には載ってないんですね。

使った感じ

・学習はさせやすい(取説見ないと使い方わからないが)
・大きいボタン関係は押しやすい
・小さいボタンは、押しにくいしすこし微妙かも

特に丸で小さいボタンは、押しにくいし、耐久性は期待できない気も・・。

・かまぼこ型

個人的には、昔っぽい形のリモコンの方が使いやすいので問題なし

その他

一番簡単な方法はリモコン上にシールを貼ることなんですが、シール貼る面積が限られてるし、使っているうちにシールが剥げたりしそうだし、なにより見た目が美しくない。

ということで、機器ごとのボタン割り当てが分かるようなシートを作ってリモコンのそばに置いておく事にしました。
これならボタン割り当てを変えてもシールを貼り直したりする必要もありません。



今回作ったExcelシート:RM-PL500D_sheet.zip

ソニーの学習リモコンRM-PL500D用シート作成: ポケットニュース


これ便利かも

皮ポンチはなくても出来るが、あればアルミ箔と両面テープを簡単に円形に切り取れるので楽(たまたま自宅にあった)
そして反応の悪いボタンにアルミ箔を貼り付ける
RM-PL400Dの修理 - Dr南部の研究ノート


うーん・・・。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。